男性の性質を知る

「自由を邪魔しない魅力」を身に着けて、彼にとってかけがえのない女性になろう!

バレンタインと共に今年も花粉の季節がやってきました(鼻の周りがもうかゆい)。ももかです。

もう終わってしまいましたが、今年のバレンタインは!

結局、定番のラ・メゾン・デュ・ショコラにしました~(2018年と同じ。定番に弱い女)。

介護をがんばっている自分にご褒美ということで、一番右のハートギフトボックスを購入。

(表向きは彼のため、でも、結局私のほうがたくさん食べたという……)

皆も自分にご褒美を! 疲れたときには、美味しいチョコを食べて充電しよう!!

ということで、今回は「恋愛に役立つゆるふわな番組」vol.153が面白かったので、ポイントをまとめて共有したいと思います!

メッセージをくださった、あいみさん、ひらさん、ふたばさんへのお返事は記事の最後に書いてありますので、よろしければ読んでいってくださいね~!

「自由を邪魔しない魅力」を身に着けて、彼にとってかけがえのない女性になろう!

さて、この回は勉強になることが多かったので、まとめを。

本編とは関係ないですが、しょっぱなから博士が、

「今、マイマリ(マイマリッジスクール)のライブを毎日やってるんですよ。僕思ったのが、ミコリーさんが話の中で『私たち、察する能力が高い』みたいなこと言ってたけど、ミコリーさん察する能力低いんですよね」

と爆弾発言してました(;´∀`)

(ミコリー先生は、『恋愛ユニバーシティ』の恋愛カウンセラーで、マイマリッジスクールでも専門家として活動しています)

ミコリー先生、確かに天然っぽい雰囲気はあるぞ……。

博士は、「ミコリーさんの旦那さんがさらに察する能力が低いんです」と言っていたので、男女がうまくいくかどうかって結局は「組み合わせ」にもよるのかもしれないなぁと思いました。

 

……と話がそれてしまいましたが。

今回は、「自由を邪魔しない魅力」がテーマです!!

アシスタントのはるかさんが、『恋愛ユニバーシティ』の男心をつかんで放さない!「男性の自由を邪魔しない女性」の魅力という記事をもとに博士に質問していました。

「自由を奪われそう」と男性に想像させないことが大切

自由とは……時間、お金、労力など。

まずは、「お金」から。

10:10~

博士:男性は女性を幸せにしたいと思ってるんですよ。お金っていうのは力の象徴でもあるわけですよ。だから奢りたい奢りたいけど、お金は使いたくないでも自分を(良く)見せたい。この板挟み。

だからよくあるのが、最初はお金を使ってくれたけど、徐々に「2千円出して」とか。で、女性が「なんで?」と。

あとは、お金目的で近づいてきてるんじゃないかと思うと男性は引いちゃいますよね。

女性の年齢が高くなってくると、「この32歳の女性に4万使うなら、26歳の女性に4万使ったほうがいいんじゃないか」と天秤にかけたりする。

本音を言えば、付き合ったら奢るのが嫌になる。だってもう手に入ってるから。ただ、難しいのは、お金は力の象徴でもあるし、女性を幸せにしたいし、一部の女性慣れした男性は「奢ってあげないと女性はついてこない」と思ってるわけですよ。

13:56~

博士無料でお金をあげてるわけではないんですよ、すべての男性は。見返りを求めている。見返りはなんだと思いますか? 体の関係。それ以外にないです。まぁ、付き合うとかね。

はるかさん:「居心地の良さ」はどうですか? 「居心地の良さ」って重要だと思うんですけど。

博士:「居心地の良さ」ねぇ……。男性で、女性を落とすのが得意な人たちは、別に割り勘でも居心地よくしてもらえますよね?

はるかさん:でも、モテない人だったら?

博士:モテない人だったら……キャバクラですかね。お金を払って居心地よくしてもらってる。商業的に成り立っているあれを、男女で自然にやっている

はるかさん:女性のほうも、奢ってもらうのであれば、それ相応のものを返さなきゃいけないよ、っていう覚悟が必要なんですね。

博士:危険ではありますよね。覚悟が何もないのは。

バブル期、つまり今50代より上の男性は「奢らなければ」「奢らなきゃ男じゃない」と思ってたりする。だんだん若い世代になっていくほど「なんで奢らなきゃいけないの」と。

若くても、「奢らないといけないよ、そうしないと最後の結果がついてこないよ」と教育を受けている一部の男性たちは奢ります、奢りますけど嬉しいかというと微妙

17:53~

博士贅沢な格好をしている女性とか、マッチングサイトのプロフィールに海外旅行に行きまくってると書いてる女性とか、やっぱりお金を奪われそう、と思われる。

2対2で一緒に旅行に行ったときに男性チームがもう遅いから寝ようとしているのに、女性チームだけがマッサージとか行ったりすると「ああこいつらお金使うやつらだな」と。

はるかさん:じゃあ、あんまりオシャレすぎる女性とか、いわゆるリア充というかSNSに頻繁に私生活をアップしたりとか、そういう女性はモテないってことですか?

博士:25~26までは、それで見た目が美しければ、結婚まで考えていないので一時期楽しんでそしてサヨナラっていう恋愛じゃん、そこはモテる。で、ある時期から浮いてくると。

はるかさん:それ、自分で気づきますかね?

博士:気づかないのが面白いですよね。なんで私は恋愛でモテてたのに、あんな地味な子が結婚してるのと。女性でもそうじゃないですか、付き合うのはかっこいい人とかで、結婚するときはお金持ってるとか安定してるとか。打算的というかしたたかというか。

次に、「時間」「労力」について。

21:13~

はるかさん:「労力(を奪われそう)」に関しては、もっと連絡を頻繁にしてほしいとか、週末必ずデートしてほしいとか。

博士:「時間(を奪われそう)」に関しては、デートは遠くまで迎えに来て、帰りは送って行ってとか。自分が千葉で、彼が東京に住んでいるとしたら、必ず自分の住んでいるところに来てほしいとか。

はるかさん:さっきの奢られの話もそうですけど、男性に合わせられる女性のほうが間口が広がりますよね。

博士:そう。好きにさせてから金や時間を使わせればいいんですよ。だから、見た目がすごく美しくて若い女性は、その瞬間男性が惚れているのでちょっと使わせるのはありだけど、使わせるときに思いますよね。天秤にかけるというか、好きだけれども、ちょっと苦しいとか面倒くさいとかその女性に感じ続けるんですよね。あとは、振り回されるとか。労力というのは振り回されること

はるかさん:じゃあ、小悪魔的なふるまいが労力?

博士:それもありますし、メンヘラ的な、極端なことを言えばほっとくと手首切るみたいな。あとは、ダメ出しとか期待が大きすぎてこれくらいしてくれて当然でしょ」ってそれは労力を使わせてますよね。

②男性がどの自由を重要視しているかを見極める方法は?

27:13~

はるかさん:これ複合的な場合もありますよね。

博士:そうですね。暇な時間を何に使っているかですよ。たとえばね、8時間労働、10時間くらい休み時間含めて仕事してますよね。それ以外にも仕事してるなら仕事。仕事以外の時間に、ギャンブルしてるならギャンブル(趣味)。それ以外の時間をジムに使ってる、そしたらモテたいとか。大切にしていることに絶対時間使いますよね。

男友達を大事にしている男性はね、バスケとか行くんでしょうね。あと飲みに行ったりね。デートしてる途中で、ああ友達から電話あったから行くわとか。

夢を大事にする男性は、ミュージシャンとかバンドやったりとか時間を見つけて。

人生設計を重視する男性は、資格の勉強をしたりとか。

あとね、ジムに行ったりする人たちも、1ヶ月とか1週間とかスケジュールを決めてたりするんですよ。そういう人は、人生設計を重視している可能性があるから、女性も自分のスケジュールに合っているかどうかで見極める

結婚したらすぐ子どもがほしいとか、この年齢で家を建てたいとか、僕はMBIをとったらアメリカで2年くらい暮らして上に行きたいけど、英語は大丈夫ですかとか。自分を邪魔しないか、助けてくれるか

仕事を重視するのと、人生設計を重視するのは結構違うんですよね。この違いがよくあらわれるのは、結婚です。人生設計を重視する男性のほとんどは、何歳で結婚するかが組み込まれています。一方で、仕事を大事にしすぎる男性は、ずーっと独身で仕事してるうちにもう40歳とか。

仕事ができる男性には2種類いるんですよ。バリバリ働いて出世していく人は人生設計がある。仕事に生きがいを感じている人は、目先の与えられた仕事を全力でこなして結果を出す。現場にいたいとか。

前者は人生のプランを詳細に考えて時間と勝負している。後者はただ仕事をしていればいい。好きで締め切りがないのでいつの間にか40代になっていたりする。

ライフスタイルを重視するっていうのは「生き方」ですね。人生設計は出世とかの「プラン」です(この歳に何をしているとか)。

ライフスタイルというのは、たとえば「自分を大事にする生き方」だとすると、お医者さんでもいますよね。ライフプランで大学病院の外科部長とかになろうとしている人と、医者はやるけど(自分の生き方として)人を助けたい人と。

一人で過ごす居心地の良さを重視する人は、たとえばゲームをしたりネットをぼーっと見ていたり自分一人の時間を楽しんでいる。

価値観や好みは、タバコやお酒など嗜好性。ギャンブルは、趣味でもあり、価値観や好みでもあり、ライフスタイルでもあり……。

はるかさん:じゃあ、時間、お金、労力を使わせずに、かつ男性の重要視している自由も邪魔しないようにするってことですか?

博士自由を邪魔しない魅力をどれだけ重視するかは人によって違うんですよ。4つの魅力ってありますよね? 性的な魅力、パートナーとしての魅力、結婚相手としての魅力、自由を邪魔しない魅力。人によっては、自由を邪魔しない魅力はどうでもいいから、性的な魅力を重視するとか。人によって配点が違うというか。

でも、基本的には、時間、お金、労力を使わせずに、かつ男性の重要視している自由も邪魔しないようにすると。

ということです!

私思うんですが、時間、お金、労力の中で一番女性がやってしまいがちなのが、「労力」をかけさせること、ではないでしょうか。

付き合ってるんだから、毎日連絡がほしいとか、週に〇回は会いたいとか、博士も言っているように「付き合っているんだから、これくらいしてくれて当然でしょ」ってついつい思ってしまいがちですよね(私だけ??)。

(博士は、「相手に対する期待が大きすぎるのはよくない」といつも言っていますが……)

自分の中での「普通」が、必ずしも彼の「普通」とは限らないので、そのすり合わせをしてなるべく彼の負担にならないようにすることが大切だなぁと思います。

たとえば私が20代半ば頃に考えていた「普通」は、彼氏が土日休みなら土曜日にデートして、月4回会うのが理想。でも、平日と日曜はなるべく自分のために使いたい(←わがまま)。1往復でいいから、毎日連絡をとりたい。週1回は必ず彼から電話をかけてほしい、でした。

今思うと、欲張りですね(;´∀`) 皆の「普通」ってどんな感じ~?

もちろん、付き合い始めの盛り上がっているときであれば、男性のほうも、お金や時間や労力をかけることを苦とは思わないのでいいのですが、少し落ち着いてきたら、「彼が居心地が良いと思う距離感(なおかつ、少し足りないくらい)」で付き合えると長く続くような気がします。

彼のコアをしっかりと理解すること。その上で、追いかけない! 彼に追われる女性になる! をテーマにがんばりましょう!!

メッセージをくださった方へのお返事

ここからは、メッセージをくださった、あいみさん、ひらさん、ふたばさんへのお返事です。

彼を疑いすぎてそれが彼の中でトラウマになり、別れることになってしまった、あいみさんへ

交際に至るまではお互い共通の趣味でホッケーをしていて、その年末の忘年会がお互いはじめてしゃべって、そこから連絡を取るようになり付き合うようになりました。

私が昔の彼氏に騙されていたことがあって、元カレのことも疑うことがありそれが窮屈で一度彼氏に別れ話をされていますが、そのときはお互いまだ好きで私も直すという条件で戻りました。

そこからほんっとにらぶらぶで、お互い戻れてよかったという感じでした。

別れ話に至った経緯は11月3日に友達の結婚式があり、その夜に彼氏にあったときに、結婚についてどう思ってるの?て聞いたら、今やりたいこともありあいみとの結婚も迷ってると言われました。
あいみとの結婚を迷ってると言われたのは、一度別れの原因になった疑うのがトラウマになってて、今はらぶらぶに過ごせているがまたいつかそれになってしまうかわからないとのことでした。

私としては付き合うときにあいみの歳もあるし二年間くらいかなーて話をしていたので、なにも言わなくても結婚の準備をしてくれていると思っていたのでそこで強く言ってしまいました
その日はそのまま帰りましたが悪かったなと思い次の日に会って、私も今すぐ結婚したいとおもってるわけやないで、ゆっくり考えてくれればいいよーて言って解決しましたが、そこから一ヶ月なにか様子がおかしかったので12月10日にあれから一ヶ月たったけど、いい意味でも悪い意味でも気持ちの変化はあった?と聞いたら、今度会った時に話すねとのことでした。

んで会った時に話すと、一人になりたいで距離をおきたい。それくらいならわかれたいと言われました。
私も後悔するのは嫌だったのでじぶんの気持ちはきちんと伝えたところ一度考えたい。距離を置きたいとのことでした。
どれくらい?と聞いたら一ヶ月と言われたので1ヶ月距離をおきました
お互いその間連絡はしてません。

年始に一回話したいけどどお?て私からLINEして1月10日に話しました。

はじめに俺は別れたいと思ってるこの1ヶ月会いたいのあの字もでてこなかったと言われました。
じぶんは自分の気持ちは伝えようと思い、私は一緒にいたいと思う。と伝えました。

それでももう気持ちがないから無理。と言われました。

今ではすっごくほんとに後悔しているのですが、そこで私がすがっていました
もう彼はほんとに帰りたそうだったし、うっとしそうでした。

謝罪のメールだけはしたほうがいいのてでしょうか?
もうあれだけすがったので、メールじたいもうざいなと思ってしていません。

でもやっぱりすきな気持ちは、かわりません。

 

 

あいみさーん!

メッセージありがとうございます!!

1ヶ月距離を置いたけれど、彼の気持ちが変わらなかったんですね(´;ω;`)

実は、1ヶ月とか2ヶ月とか期間を決めて距離を置くことを、博士はあまりおすすめしていないんですよね……。

博士:距離を置くだと、本当は距離を置けません。
距離を置いても彼はずっと結婚のプレッシャーを感じ続けるからです。

この場合別れて初めて彼と距離を置いたことになると思います。

引用:復縁・結婚したい

相談者:最後に連絡をしてから2ヵ月後、ご相談から3日も経たないうちに彼から電話が来て、2ヶ月間色々考えたんだけどやっぱり別れたいと言われて正式に振られてしまいました。

博士:そうなるでしょうね。
中途半端に繋がっているより、正式に別れた方が復縁する可能性は高まります
繋がっていれば別れたいと考えるのですが、別れていればもう別れようとは思わず、〇〇さんを嫌いな気持ちがおさまり、時間がたてば、再び繋がりたいと思うようになります

引用:正式に振られてしまいました。

なので、復縁のことを考えるなら、中途半端に距離を置き続けるよりは別れを選んでよかったのでは……。

謝罪の連絡については、別れ際にすがってしまい、彼が「うっとうしそう」だったのであれば必要ないです。

ここでさらに謝罪の連絡を入れてしまうと、「復縁したいから送ってきているのでは」と彼があいみさんのエゴを感じて逆効果になる可能性があるからです。

なので、このまま(彼から連絡がなければ最大半年程度)沈黙しましょう!!

それから、昔の彼氏に騙されたことがあり、ご相談の彼のことも疑ってしまった、とのことですが……

あいみさんもわかっていると思うんですが、その男性と彼は全然違う人間ですし、そもそも彼に直接疑いの気持ちを向けたところで、彼を縛ることはできず、かえって彼の気持ちを冷めさせてしまうだけなんですよね。

「仕事が忙しいから付き合えない」と言われた彼との関係を発展させるには?の「自分の手の内を明かしてはいけない」の部分、読んでみてください)

比べられないものを持ち出して、どっちが大事かと迫るのも、「私のことを愛している?」と恋人に何度も確認するのも同じこと。

要は自分の自信の無さを解消するために、相手の確認を得ようとするわけですが、自分の内側に不安や不信感を抱えている限り、それを外側のもので埋め合わせることは出来ません

引用:忙しい彼との付き合い方

人を愛することは、取引きや契約でもなければ、責任や義務でもありません「私のことを最も愛さなければ許さない」というのは支配です。

何かと比べたり、誰かと比較することで自分の優位性が証明されるワケではありません。ましてや、それで相手があなたのことを好きになるワケでも、愛が深まるワケでもありません。

相手を信用しようとすることに根本的な問題があるのです。どんなに愛している相手であっても、相手の想いは相手のものです。相手を信じると言えば、聞こえは良いのですが、それは自分にとって都合の良い相手の「表の顔」を信じていることに他なりません。

ですから、自分にとって不都合な相手の「裏の顔」が出て来ると途端に、「裏切られた!」と騒ぐことになるのです。

いいですか?信じるのは相手ではなく、あくまで自分です。

あなたがあなた自身を信用すれば、それで良いのです。実際、あなたにできるのは、それだけです。

引用:忙しい彼との付き合い方

あいみさんの場合、昔の彼氏に対して「信じていたのに、裏切られた」という思いがあり、それがきっかけで彼に対しても疑いの目を向けるようになってしまったんだと思うんですが、博士がいつも言っているように、利害関係のある相手を信じるってすごくリスクのあることなんですよね。

相手を信じるよりも、相手を知る。言葉ではなく、行動を見る。疑いの気持ちがあっても相手にそれを打ち明けることなく、冷静に観察する、ということが必要になるのだと思います。

(なんとも可愛げのない意見ですが……)

『恋愛ユニバーシティ』の駆け引きの仕方 vol.1vol.2vol.3vol.4)や男が本当に考えている事を知る方法 vol.1vol.2vol.3vol.4vol.5)など博士の恋愛プロトコルが参考になると思うので、よかったら目を通してみてください~。

彼を好きな気持ちに変わりはないのであれば、とにかく今は沈黙し、その間に男性心理をしっかり勉強しておきましょうね!

警察からストーカー扱いの警告を受けてしまった、ひらさんへ

ももかさん、初めまして。
元恋人にメールで執拗に復縁を迫り続けても全くの返事がもらえず、あまりにも感情的になってしまい最終的に家族の人に訴える旨の脅迫まがいのメールを送ったところ、警察からストーカー扱いとして警告を受けてしまいました。
絶望感から元恋人との今までのことを詳しく書く力も出ないのですが、最初は元恋人の方からの愛が凄くて何度か私が逃げたくなったことがありましたが、今は立場が逆転してしまった形です。

今回の件で元恋人を苦しめてしまったこと、そして自分自身の病的なまでの執念深さがあった事実に、自分で自分にショックを受けており、もうどうしていいかわかりません。
こんな状況でも図々しく復縁を希望していますが、絶望的なのも承知しています。苦しいです。
このような条件下での復縁はありえるのでしょうか。

ももかさんのご意見をお聞きしたいです。宜しくお願いいたします。

 

 

ひらさーん!

メッセージありがとうございます!!

警察からストーカー扱いとして警告を受けたんですか……!

詳しい事情はわかりませんが、それだけ彼のことが好きで、どうしても諦められなかった、ということですよね。

でも、その気持ちが間違った方向に進んでしまって、ひらさん自身もとても苦しかったと思います(´;ω;`)

今回の復縁に関してですが……博士は以下のように言っています。

博士最も難しい復縁だと思います。

〇〇さんはストーカー、もしくはそれにちかいものだと彼や彼の周りに思われているかもしれません。
ストーカーというのは自分が自覚しているかどうかではなく、相手や周りが決めるものです。

今は彼に何をしても無駄です。彼の友人とのいかなる接触も勧めません
そのような接触や連絡をすればするほど、〇〇さんは周りに避けられていくでしょう。

今は完全に彼の前から、彼の友人の前から消えてしまう事です。
生きているかどうか分からない状態を、一年ほど続けてください
完全に沈黙をするという事です。

それから何気ないメールを出しましょう。

これまでのありとあらゆる悪い印象を、払拭するにはそれくらいの時間がかかるでしょう。

他の男性を捜すことを勧めます。

博士:どうしても復縁したいのです。

上記で博士は沈黙を「一年ほど」続けるようアドバイスしていますが、今回のひらさんの場合、それでは短いかもしれません……。

詳しい経緯がわからないのであまり具体的なアドバイスはできませんが、とにかく今できることは「彼に対して何もしないこと」になると思います。

一旦復縁という気持ちは置いておいて、なぜ今回ここまで感情的に突っ走ってしまったのか、まずは自分自身を見つめなおすことが必要になるのかも?

男性にとって「価値の高い女性」とは?のarichanさんへのお返事に、感情のコントロール方法を載せているので、よかったら参考にしてください。

どれだけつらくても苦しくても、今が変わるチャンスです。

過去は変えられない。でも、ひらさんの行動次第で新たな未来をつくることは可能です。

過去の自分から、変わりましょう。

この機会にぜひ『人を動かす 文庫版』も読んでみてください。

自分磨き、がんばりましょうね!

別れて半年後に復縁を申し込み、断られてしまった、ふたばさんへ

去年4ヶ月弱付き合っていた人に求めすぎて喧嘩が多く、何度か別れる別れないを繰り返し最後も私が勢いで振ってしまい後悔したのですが、相手を傷つけてしまい別れてしまいました。

そのあと半年間は近くにいて追いかけていて、別れた当初よりは元彼の警戒も減りいい感じかなと思い半年経って告白したのですが今は付き合う気はないと言われてしまい、半年間身近にいて無理だったので、一旦諦めると伝えて冷却期間を置いて自分の事に集中しようと決めました。
復縁はしたい気持ちは山々なので、諦めるというより自分磨きに集中しようと思っています。

諦めると伝えたのは自分の気持ちを伝えてきた方法では効果がなかったので、旦元彼に気負いをさせない方法で頑張ってみるためです。
連絡も割と頻繁にしていたり1ヶ月に一回程度体の関係も含め会っていた中なので連絡も会う事もしばらくやめようと思います。

ざっくりですがこの状況で復縁の望みはあるでしょうか?

 

 

ふたばさーん!

メッセージありがとうございます!!

別れた後も連絡を頻繁にとり、1ヶ月に1回程度体の関係もあったんですね。

メッセージに「別れた当初よりは元彼の警戒が減りいい感じかなと思い」とありましたが、これ実は大きな誤解なんですよね……。

別れた後、未練を見せずに普通に接するようにすれば、彼にとって元カノは「自分を脅かす存在」ではなくなるので、彼の中の警戒心は少しずつ減っていきます。

そして(付き合うという責任なしに体の関係を持てるなら)優しくなったりもします

でも、だからといって、それが復縁に繋がるか、と言われたら、必ずしもそういうわけではないんです……。

(結局は「手に入った距離」になってしまいますし……)

一般ユーザー〇〇さんに優しくできるのは、責任のない範囲での付き合いだからです。
他人の子どもならいくらでも甘やかせるのと一緒で、人は責任のない対象にはいくらでも甘くなれます
ですから、今の状態を維持しているのが彼としては一番都合が良く心地良いのではないでしょうか。

引用:元彼から毎日連絡が来て苦しいです。

自分から告白をして断られているので、とりあえず半年くらいは距離を置いて、まずは「手に入りそうで入らない距離」をつくることを目指しましょう。

「求めすぎて喧嘩が多く」とあったので、もしかしたら彼に対する期待が大きすぎた可能性も……?

恋人は商品やサービスではない、と理解しておくだけでも違うかもしれません。

博士:僕の著書の多くの部分でも、「相手と長く付き合い、関係を維持していくためには、どのようなことが必要なのか」に関して述べています。
それらをじっくり読むことを勧めます。

人は、商品やサービスではありません
いつも〇〇さんを楽しませてくれたり、満たしてくれるものではないのです。
愛する」というのはそういうことが、分かっているということです。

引用:一度振った彼が気になります。

復縁の望みがあるかどうかは、お付き合いをしていた4ヶ月でふたばさんが彼にどれだけの価値を与えられたか、あとは半年後の彼の状況(仕事の忙しさや新しい女性関係など)、ふたばさんが自分の感情に負けずにしっかりと沈黙できるか、によっても変わってくるので、まずは沈黙してみないことにはなんとも言えません。

博士:さて復縁ですが、彼が復縁をしたいと思うには、〇〇さんと付き合っていて楽しい思い出がある必要があります。
〇〇さんは彼にとって何か価値はありますか
彼は〇〇さんを思い浮かべる時、心が優しくなり、好きという気持ちが生まれるでしょうか?
また彼が〇〇さんを思い出す時、何がデメリットと思うでしょうね?

彼がメリットに思ったり、よく思う所を強める必要があります。
彼がデメリットに思うところを消す必要があります。

このサイトや、僕の著書、ジョングレイの『ベスト・パートナーになるために』、デール・カーネギーの『人を動かす』などを参照に、どうすべきかを学んでください。
〇〇さんのこれまでの行動に大きく反省する所があると分かるでしょう。
そうなれば、彼に自然に感謝の気持ち、謝罪の気持ち、彼が如何に掛け替えのない人だったかが分かると思います。

引用:破壊行動ばかりですが、復縁したいです。

今はとにかくしっかりと距離を置き、彼が感じているであろうデメリットやリスク(付き合うと喧嘩ばかり、別れる別れないを繰り返してしまう……など)が薄まるのを待ちましょう!

「連絡がとれる、会える」=復縁できる、ではないので、そこはしっかりと理解しておいてくださいね。

 

ということで、お返事でした☆

復縁とは直接関係ありませんが、私が小3くらいのときに読んで、今も印象に残っている小説のご紹介を。

(当時、新聞の夕刊に掲載されていて、母に「ももかと同い年の女の子の話よ」と勧められて読みました。母が好きな氷室冴子さんの短編です)

主人公のサツキは、諸般の事情で生まれたときから父親がおらず、翻訳家の母親(諸般の事情でシングルマザー)とふたり暮らし。寂しいな……と思うとふとした拍子に目の前にひよこサイズのあひるが現れて、あひるがヨタヨタ歩いているのを見ていると、寂しい心がスーッと和む……というお話でした。

(サツキが5年生のときに母親が再婚して弟の一樹が産まれ、サツキの寂しさは少しずつ解消されていきます)

みんなの悲しさやさびしい気もちはふだんは、小さい箱に入ってカギがかかっています。けれど、なにかの拍子にその箱が開いてしまうと、もうダメです。天気がよくても、友達と遊ぼうとしても、塾がお休みでも、とってもさびしくて悲しい。それは箱が開いてしまったからです。

そこで、あひるが活やくです。あひるは箱からとびだした悲しいのや、さびしい気もちをせっせと食べてくれます。パンくずをぱくぱく食べるみたいに。だから、わたしはあひるを見るのが大好きです。

あひるは学校や、家の中も歩いています。水もないのに、泳ぐようにお尻をふって歩いています。

でも、このごろあひるはあまり見かけません。ちょっとさびしいかなっというときでも、あひるは出てこなくなりました。家にはまだ赤ちゃんの一樹がいて、びっくりさせたくないのかなと思います。

だから私はときどき、公園によってお池のあひるを見ます。

お池のあひるは5、6ひきいて、

「さあ、みんな、ちゃんと働いてね。どんどん食べなさい」

と声をかけながらパンくずを投げてやると、気もちがほんわかしてきます。

わたしはあひるの王様です。

引用:氷室冴子: 没後10年記念特集 私たちが愛した永遠の青春小説作家 (文藝別冊)

これを読んだときは私もまだ9歳だったので、小さなあひるが家の中を歩いているなんて可愛いな、くらいの感想だったんですが、大きくなってから読むと、結構ぐっとくるものがあって。

サツキは、母親が自分のために遅くまで働いていることを知っていて、母親の前では決して「寂しい」と口に出すことはありません。でも本当は寂しさを感じていて、その寂しさを自分でどうにかするために、アヒルのことを思いついたんだろうなぁと。

大人になれば、たとえば本を読むとか音楽を聴くとか映画を見るとか友達と語り明かすとか仕事に没頭するとか、寂しさを紛らわす方法って何かしら思いつくものですが、子どもだとなかなかそういうわけにもいかないじゃないですか。

でも、サツキは誰かにその寂しさを訴えるのではなく、一人で乗り越える方法を身に着けていて、「強さ」ってこういうことをいうのかもしれないな、とあらためて思いました。

ふとしたときに寂しさを感じる場面は誰にでもあると思うんですが、その寂しさを乗り越える術を自分自身で身に着けられたらいいですよね。

(沈黙中の方は、寂しいからって元カレに連絡しちゃダメよ~!)

 

ところで、菅田将暉と有村架純ちゃんの映画『花束みたいな恋をした』観た方いますか?

(500)日のサマー』(博士おすすめの恋愛映画)を超える傑作という意見もあるらしく、緊急事態宣言が解除されたら観に行きたいと思っています!

少しずつ暖かくなってきて、春が近づいているなぁという気がします。冬来たりなば春遠からじ、ですね。

自分磨きがんばりましょうね!!

愛を込めて♡

ももか

ももか

都内メーカー勤務のアラサーOL。復縁アドバイザー。2017年6月に彼にフラれ、10月に復縁。その1年後に結婚が決まりました。恋愛カウンセラーぐっどうぃる博士の恋愛理論、心理学者ジョン・グレイ博士の男性心理を学び、自身の経験をもとに元カレと復縁する方法についてブログで発信中。復縁・恋愛相談も行っています。

-男性の性質を知る

© 2021 崖っぷちOLももかの復縁日記