冷却期間を置く

男性は思い出を美化しやすいので、楽しい思い出が多いほど復縁には有利になる

投稿日:

水着の胸パッドを盛り盛りにして(←見栄っ張り)、彼とプールに行ってきました。ももかです。

(水着姿を見て、一瞬、彼がフッて小さく笑った気がするんだけど気のせいよね??)

中が貧弱でも、せめて見た目は華やかにしたいと思うのが乙女心よ!!!!

今回は、みほさんへのお返事を兼ねて、「男性は思い出を美化しやすいので、楽しい思い出が多いほど復縁には有利になる」というテーマでお送りしたいと思います。

うさりんごさん、お砂糖さん、あめさん、あこさん、トーベさん、りんむーさん、ともこさんへのお返事は、記事の最後に書いてありますので、よろしければ読んでいってくださいね~!

 

にーなさーん!

そうですそうです、どんな男性にも「沈黙」は効果がありますよ!

感情をコントロールできるようになったなんて、すごいじゃないですかっ。

8月下旬まではもう少しなので、がんばって沈黙していきましょうね!!

 

あんなさーん!

うんうん、たとえ借金がないにしても、ギャンブルをやったり趣味にお金をつぎ込んだりする人は、将来の伴侶としては見れないですよね……。

(明らかに怪しいものに、彼がそれだけの金額を突っ込んでることがびっくりよ?)

見た目の爽やかさで帳消しになってるけど、実はちょっとダメな人なのかも??(ヒャダ! 悪口!!)

あとは、あんなさんの「彼が好き」という感情と、「でも彼は結婚相手にはふさわしくないかも」というところで、どう折り合いをつけるかですね……。

一番いいのは、婚活することだと思います!!

ほかの男性も見てみたら、彼よりもいいと思える人に出会えるかもしれないし、引き続き婚活もがんばっていきましょうね~!

男性は思い出を美化しやすいので、楽しい思い出が多いほど復縁には有利になる

20歳以上年下の彼がいる美魔女のみほさーん!

彼から返信がこないのは、別れのサイン?連絡がとれない場合は、何をすべき?」でお返事を書いた後に動きがあり、結局、「みほとは結婚できないから」ということで彼から別れを切り出されたんですね……(´;ω;`)

色々書きたいことはあるのですが、まずはご質問の回答から。

みほさんからいただいたメッセージに、

男の人は離れたら、相手が今現在どうしているかは多少気になっても、あそこの風景きれいだったなーとかディナー美味しかったなーとかあの時2人で笑ったなーとか、思い出さないような感じがします。思い出は美化される、っていうことはたびたび見聞きしますが、これも例外なく誰にでも当てはまるんでしょうか?」

というご質問がありましたが……

心理コーディネーター織田隼人さんの本『やっぱり彼と復縁したい貴女へ』に、回答に近いことが載っていたので共有します!

男性と女性とでは、脳の仕組みが異なるため、記憶の処理方法が違っているのです。

女性は感情をベースにして記憶するメカニズムになっています。

「あそこに行ったときは楽しかったなぁ。そういえば同じような気分を、あのデートでも感じたなぁ」というように「感情」で様々な出来事を結びつけていきます。

一方で、男性の記憶のメカニズムは、まったく違っています。

「感情」ではなく「物事」をベースに記憶していくため、思い出すときも物事から入ります

デートの思い出も、「デートスポット」とか「デートスポットにあったもの(遊園地であれば、観覧車など)」が記憶の土台

「○○にデートに行ったなぁ。そういえば、××にも行ったなぁ。楽しかったなぁ」という順番で思い出すのです。

引用:『やっぱり彼と復縁したい貴女へ』

ということで、男性の場合、記憶の土台が「感情」ではなく「物事」になっているとのことなので、思い出の振り返り方が女性とはちょっと違うかもしれませんが、それでも彼女と行った場所などを懐かしく思い出すことはあると思いますよ!

(私の彼は、離れている間に「神宮外苑花火大会」があって、去年ももかと一緒に行ったことを思い出した、と言っていました! あ、やっぱり物事が土台になってる??)

それから、これは以前、ブログにも書いたことがあるのですが、女性よりも男性のほうが思い出を美化しやすいそうです。

ほとんどの男性は、今までつきあった女性を『イイ女だった』と思っている」といった話を聞いたことはないでしょうか。

これは、男性の特徴をよく表している事例です。

女性はちょっと違いますよね。

「この彼は最悪だった」なんて記憶も、結構長い間しっかり残っていますし、ずいぶん前のことが、ふとよみがえってくることもあるでしょう。

こういうことが男性の場合は少ないのです。

今は拒絶されていたとしても、半年後、彼の脳の中では、貴女とつきあったことはよい思い出になっています

ただでさえ記憶は美化されるものですが、特に男性はその傾向が強いので、女性よりも過去が美化されます

引用:『やっぱり彼と復縁したい貴女へ』

・男性の場合……「物事」→「感情」の順に思い出すので「感情」の記憶が薄まりやすい=思い出を美化しやすい
・女性の場合……「感情」→「物事」の順に思い出すので「感情」の記憶がなかなか消えない

こういうことかと……。

確かに、女性の場合、ケンカのときに突然昔のイヤだと思ったことを引っ張り出してきて、「あのときもそうだったでしょ!」とか言いがちですよね。

これは感情をベースに記憶しているからなんですね(;´∀`)

みほさんの彼は、みほさんが初めての相手で、しかも4年半も付き合っていたということなので、いい思い出もたくさんあるでしょうし、この先、彼がみほさんと過ごした出来事を思い出すことはあると思いますよ!

相談者:少しお聞きしたいのですが、なぜ男性は一切連絡を取らないともう一度復縁を考えることがあるのでしょうか?
今これだけ気持ちが冷めているのに、また好きになってもらえるメカニズムが不思議です。

一般ユーザー男性が女性に価値を感じたことがあり、なおかつ決定的に嫌われたことが無いという前提で、お答えします。

いくつか理由はあるのですが、まず第一に男は時間とともに価値を感じた女性の悪い思い出が消え、良い思い出だけ純化される傾向があります。

ですので、いかに付き合っていた時期にいい思い出があったか、ということが非常に重要です。

○○さんの場合、「○○の支えがあったから乗り越えられた」とあることから、嫌なことが消え、このときの感謝の気持ちが彼の中で増大するというわけです。

引用:来年遠距離になる彼との復縁はできますか?

 

話は変わって……

別れて一週間後に彼から電話がかかってきたんですね!

「自分から別れ話をしておいて「寝れない」と電話をかけてくる彼はどんな状態なんでしょう」とのご質問ですが……

①みほさんが今も「手に入った距離」にいるか確かめたい。
②彼はみほさんが初めての相手なので執着があり、結婚はできないけれど、ずっと自分を好きでいてほしい(みほさんをキープしたい)と思っている。

このあたりかな、と。

みほさんのことが嫌になったからではなく、「みほとは結婚できない」という理由で別れたので、彼も気持ちが残っていて区切りがつけずらいのかもしれませんね……。

ただ、今回、彼はみほさんとの結婚を想像し、「みほとは結婚できない、だから別れよう」と決断したのではないかと思うので、よっぽどのことがない限り復縁は難しいかと……。

(厳しいこと言って、ごめんなさい(´;ω;`))

みほさんとは年齢が少し違いますが、年下の彼との復縁を願う相談者に対するぐっどうぃる博士の回答です。

博士:彼が結婚の話をすれば、親は反対するかもしれませんね。
バツイチの38歳というのは世間体もあり、残念ながら条件がとても悪いです。

彼は両親や友人などに言われたのかもしれません。
「38歳の女性を結婚する気もないのに付き合っていたら、失礼だ。その人の貴重な時間を無駄にしている」
とか、あるいは、ここで彼が述べているように
「子供を複数作りたいなら難しいし、高齢出産は危険がある」と言われたかもしれません。

恋人として付き合うこと、別れるより、結婚はとても重要な決断となります
冷静になって、○○さんを見積もったのかもしれませんね。

引用:14歳年下の彼との復縁

博士:彼が何故別れを告げたのか実際には分かりません。
他に好きな人が出来たのかもしれないし、結婚のプレッシャーかもしれません。

○○さんの場合、年齢や条件から、結婚のプレッシャーの意味合いがより変わってきます
恋人と結婚相手は違うのです。

たとえば、女性が男性の年収や、仕事の安定性、両親の条件などを結婚相手に期待するように、男性は女性の年齢を結婚では特に意識します
またバツイチであることを気にする男性や、その男性の親もいるでしょう。

さてどうするかですが、最後に連絡を取ってから半年は沈黙をします。
それ以降は、尽くしすぎた項目および結婚を意識させた項目に従うと良いでしょう。
いずれにしても復縁の意図を見せないという姿勢が重要です。

また付き合っていないのに体の関係を持つなどは避けましょう。見た目は磨いてください。

引用:14歳年下の彼との復縁

 

メールでのお返事にも書きましたが、あとはみほさんがどうしたいか、です。

彼氏彼女として復縁したいのであれば、沈黙。(自分からは絶対連絡しない)

・曖昧な関係でもいいから彼とつながっていたいというのであれば、このままお互い連絡を取り合う。

このどちらかかな、と。

「結婚」をゴールにできない限り、博士の言葉でいえば「結論を先延ばしにしたままモラトリアムに付き合い続ける」か「別れる」かの2択しかないので……。

博士の下記のアドバイスも参考にしてみてください。

色々悩んでしまうかもしれませんが、あとはみほさん自身でしっかり考えて、答えを出してくださいね!

博士:彼の考えていることは同じだと思います。
体の関係を持ちたいけど、付き合いたくない」あるいは「付き合いたいけど、結婚したくない
そして、○○さんは彼が思うより距離が遠くにいるので、無意識に自分の望む距離に近づけていようとしているのだと思います。

言い方を変えれば、○○さんは彼にキープされています

○○さんから近づけば、「結婚は絶対嫌」のバランスが大きくなると思います。
従って彼が思うより少し遠くに居続けるのが良いと思います。
5回に3回断るのが良いでしょう。

上でも言いましたが、「○○は放っておけば僕から去っていく」と彼が思っている必要があります

引用:距離の取り方の難しかった彼との復縁

相談者:博士はどう思われますか? 特別に彼女がいず、忙しい時期に私を利用して寂しさ紛らわせようとしているのでしょうか?

博士:多分それはあるでしょう。
ですので、電話に出て会話で癒すのはありです。
自分から電話をする必要はありません

会っている時、メールをしている時、電話をしているときは、落ちない男を落とす方法を実践するのです。

相談者:彼の状況と性格を踏まえて、メールの頻度、内容、私の取るべき態度などこれからのこちらの対応を教えてください。

博士:何もせずに放っておきましょう。
彼に会いに誘われたなら5回に2回は行って構いませんが、その日のうちに帰って来てください

彼が望む距離より少し遠くにいることが大切です。
自分から距離を縮めようとは思わないでください。

このような状態が半年以上続くなら、完全に沈黙をしてください

楽しくメールの交換をしたり、彼から電話がくるなら話してもかまいませんが、自分から積極的に距離を縮めようとしないでください。

引用:距離の取り方の難しかった彼との復縁

メッセージをくださった方へのお返事

ここからは、メッセージをくださった、うさりんごさん、お砂糖さん、あめさん、あこさん、トーベさん、りんむーさん、ともこさんへのお返事です。

うさりんごさーん!

メッセージありがとうございます!!

今、色々悩んでいる状況なんですね(´;ω;`)

うさりんごさんの今の状況は……

正式に付き合わないままクリスマスに体の関係を持つ。うさりんごさんから告白するも保留にされ、その後は彼が車を出してくれて1週間か2週間に一度、デートをしていた。(LINEは毎日)

②彼の転勤が決まったときに(体の関係を持ってから4ヶ月後)再度告白したが、またも曖昧な返事だったため、うさりんごさんが半ば強引に付き合う方向に持っていく。5月末に彼の転勤先に遊びに行くつもりだったが、彼から「そっとしておいてほしい」と言われ、そこから既読スルーに。

③7月の彼の誕生日におめでとうのメッセージを送ったら、すぐに返信がきて、それ以降、週に一度程度、うさりんごさんからLINEをしている。LINEのやり取りがすぐ終わってしまうため、沈黙しなくていいのか悩んでいる。

……これ……別れているわけではないんですよね?

というか……そもそも、彼の中ではうさりんごさんと「付き合っている」ことになっていないのでは……?

(ギャー! 辛口!!!! ごめんなさい……)

一般ユーザー:そもそも博士理論では「付き合う」ということの定義として

1.「付き合おう」という言葉
2.体の関係
3.友人知人等に紹介され公になっている

以上の3点揃っていてはじめてちゃんと付き合っているとしています。

引用:結婚前提のお付き合いをしている彼から無視されている

上記3点は揃っていますか?

彼が5月に転勤してからずっと会ってないんですよね?

ということは、「彼氏彼女になった」とうさりんごさんが認識した4月以降、ほとんど会えてないということ……??

うむむむむ……。

ぐっどうぃる博士だったら、「そもそも付き合っていない気がします」と言うかもしれません。

あと、博士の理論でいえば、下記3点がアウトです……。

①付き合う前に体の関係を持ってしまった

②自分から数回告白し、半ば強引に付き合う方向に持って行った

③「そっとしておいてほしい」と言った彼に対して沈黙するのではなく、自分から連絡し続けている

元々、彼は「体の関係を持ちたい。でも付き合いたくはない」という距離を望んでいたところに、うさりんごさんがぐいぐい近づいていったような気がするので、ここから巻き返すとなると、やはり「沈黙」が最善のではないかと思います。

自分から告白し、さらに今もうさりんごさんから連絡を入れているので、うさりんごさんは彼にとって確実に「手に入った距離」にいます。

男性は「手に入った距離」にいる女性に興味を失うので、今のまま連絡を入れ続けるのは危険だと思いますよーーーー!!!!

(事実、彼のLINEの内容は自分のことばかりで、うさりんごさんを気にかける内容はほとんどなさそうですよね??)

うさりんごさんが沈黙して3ヶ月~半年たってようやく、彼が「そういえば、最近、うさりんごから連絡きてないけど、どうしたんだろう」「うさりんごに連絡入れてみようかな」と思うようになるんです。

なので、私からできるアドバイス(ぐっどうぃる博士の理論にそったアドバイス)としては「今すぐ沈黙」です。

辛口なことを書いてしまいましたが……色々な方の意見を聞いて自分の考えをまとめたい、ということなので、あくまでもこれは私の一意見として受け取ってくださいね。

今よりもっと彼のテンションを高められるよう、がんばっていきましょうね!!

 

お砂糖さーん!

おお。男性からメッセージいただくのは初めてです!

ブログ見てくださって、ありがとうございます!!

このブログは男性心理を知るための記事が多いので、あまり参考にならないかもしれませんが……。

お砂糖さんは、5年お付き合いした遠距離恋愛の彼女と去年の9月にお別れしたんですね(´;ω;`)

彼女に「好きな気持ちがなくなった」と言われてしまったのはキツイですね……。

別れの理由としては、

就職活動に失敗して悩む彼女の話を、真剣に聞いてあげることができなかった
②お砂糖さんは1年後の結婚を考えていたが、それを言葉にしたことはなかったので、彼女にお砂糖さんの気持ちが伝わっていなかった

ああ。これってまさに男と女のすれ違いですね……。

男と女は、悩み方のスタイルがまったく違っている。

男は、何か大きな問題にぶつかると自分の世界に閉じこもって無口になるが、女は抱えている問題を言葉にすることで解決の糸口を見つけようとする

女性は何かを考える時に、内向的になることはあまりない。

聞き手に向かって話をしながら、自分の気持ちと考えを整理していくのだ

しかも、女性は「話を聞いてもらった」「相手と共感できた」ということに何よりも深い満足感を覚える。

だから、女性は自分の悩みを聞いてくれる男に深く感謝する。

また、女性は必ずしも解決策を求めて相談をするわけではない

女性自身も気づいていないことが多いのだが、「ただ話を聞いてほしい」から相談をするのだ。

引用:『「愛される女」になれる本』

女性は親身になって自分の話を聞いてもらえるだけで、「この人は自分を理解してくれている」と思うものなんですよー。

お砂糖さんが、就職活動で悩んでいる彼女の話を、もう少しじっくり聞いてあげていたら、また違った結果になっていたかもしれませんね……。

頻繁に連絡を取っていたとはいえ、彼女からしてみれば就職活動で悩んでいるのにあまり話を聞いてもらえなかったり、会うのは1年に1回程度だったりしたら、何のために付き合ってるの?って思ってしまいますよね……。

それから結婚するつもりがあったのなら、早めにそれを言葉にして彼女に伝えるべきだったのだと思います。

男性は言葉ではなく、態度で表せばわかってくれると思いがちですが、言葉にしなければわからないことはたくさんあります。

あーこれも男女の違いだわ……。

男女の性質の違いについては、ジョン・グレイの『ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)』、もしくは『ジョン・グレイ博士の「愛される女」になれる本 (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)』を一読することをおすすめします!

女性の話に口をさしはさまず、熱心に耳を傾ける……これこそ女性が男に求めていることだ。

解決策を出して女性を黙らせようという強い思いを抑えることで、ふたりのコミュニケーションがうまくいようになったという話を、私は多くの男性から聞いている。

引用:『「愛される女」になれる本』

私のブログ読者さんは、基本的には彼にふられてしまい、彼の気持ちを取り戻したい、復縁したいと思っている人がほとんどです。

自分がふったパターンももちろんありますが、それはケンカをして突発的にとか、彼の気持ちを確かめるためにとかであり、彼に対して好きな気持ちがなくなったから、というわけではないんです。

女性の場合、一旦好きな気持ちがなくなったら、そこからもう一度気持ちが盛り上がるというのはなかなか難しいことだと思います。

このあたりの気持ちの切り替えは、男性よりもシビアなのではないかと……。

別れてもうすぐ1年ですよね?

この間に彼女からまったく連絡がなく、誕生日のLINEにも返信がないとしたら……もしかしたら、あきらめたほうがいいかもしれません……。

(お砂糖さんと彼女は会う回数が極端に少なかったため、彼女の中に、お砂糖さんに対する執着ができていない可能性が高いので……)

女性がパートナーを愛するのは、彼からの心の支えを実感した時だ

逆に女性がその関係をあきらめるのは、彼とのコミュニケーションがとれなくなった時である。

そんな時の女性は、まるで砕け散った波のように「やるせなさ」でいっぱいになり、二度と彼を愛せなくなってしまうのだ。

引用:『「愛される女」になれる本』

厳しいこと言って、ごめんなさい(´;ω;`)

お砂糖さんは、今、30歳なので婚活では売り手市場です。

地道に婚活をしていけば、すぐに会える距離で、もしかしたら彼女よりもいいと思える人に出会えるかもしれません。

彼女への思いが募る今の状況で、新しい出会いを探すというのもなかなか難しいかもしれませんが……「恋愛回路」を小さくするためにも、まずは出会いの場に出かけてみてくださいね!

僕はよく失恋した女の子にいう。

「そんなにあなたが今の彼を忘れられないのなら、一生忘れないようにしなさい」

「忘れようと思うから忘れられないので、逆にずっと覚えていなさい、絶対忘れないようにしなさい」

一生、片時も忘れられないような恋(あるいは結婚)をしたのであれば、それはそれで素晴らしいことだと思う。

でも、一生その人のことだけをおもっているなんて、誰にもできないことだ

人間というのは、忘れようと思うとなかなか忘れられない。

逆に忘れまいとすれば、忘れてしまうものなのだ。

だから、無理をする必要はない。

「別れ」のつらさは、時が解決してくれるだろうから。

そして別れたら、なるべく早く自分のペースで生活を再開すること

別れたということを、できるだけ多くの友達に宣言することだ。

引用:『「愛される女」になれる本』後書き 秋元康

 

あめさーん!

お久しぶりヾ(*´∀`*)ノ

共通のお友達(男性)と会ってきたんですね!

お友達に「別れた後の心境」について聞かれて、「未練はない」「別れてからも毎日充実している」という態度を貫き、さらに別の男性から好意を寄せられていることもチラッと話した、と。

カンペキ!!!!

すばらしいっ!!!!

もうね~、共通のお友達はよかれと思って余計なことをやらかす確率が高いので(←失礼)、「未練はない」という態度を貫いたあめさんは正しかったと思います!!

(別の男性の存在については、事実なんですから伝えてもかまわないと思いますよ~。ぐっどうぃる博士は、聞かれてもいないのに彼本人にほかの男性の存在を匂わせるのは安っぽい駆け引きになるからダメだと言っていますが、彼本人に言ったわけではないですし!)

次回、もしかしたら沈黙半年後にあたる年末に彼に会う可能性が出てきたんですね。

わ~、うれしい目標ができましたね!

あめさんは美容関係のお仕事に就いてらっしゃるということなので、彼に会うときには仕事で身につけた技術をふんだんに活用しましょう!!

あとは、元カレに新しい彼女がいるかを知る方法ですが……これ、いい方法がないんですよね……。

相談者:また彼女がいるかどうかを、うまく確認する方法はありますか?

博士:興信所に頼むくらいしかありません。
確認をしなくて良いです

引用:彼氏から別れを言われました

博士もこのように言っていますし、ベストな方法はないかと……。

(ちなみに彼に直接、彼女がいるかどうか聞くのはNGです! 未練が伝わってしまうので……)

なので、半年後にお友達と会う約束をするときに、さりげなく(難しいですが(;´Д`))確認するくらいしかないですかね……。

確かに彼に新しい彼女がいる場合は1年の沈黙がマストなんですが、彼にいつ彼女ができるかもわかりませんし、先のことを心配しすぎても仕方ないので……とりあえずは年末を目標に!

がんばっていきましょうね~!

 

あこさーん!

2月中旬に彼と別れて(あこさんの連絡無精が原因でふられて)、5ヶ月ぶりに彼に会い、優しく話を聞いてくれる彼に感極まって、思わず「やり直したい」と伝えてしまったんですね……。

んま!!

あこさんってば、前野メリ子!!!!

もう少し時間をかけて、ゆっくりやり取りしながら「以前の私とは違う」という部分を彼に見せていったほうがよかったのでは……。

でもね~、付き合っていた頃と同じ優しい彼を目の前にしたら、思わず「やり直したい」という言葉が出てきちゃいますよね……。

わかります!

で、結論としては結局、復縁することはできなかった、と。

ああああ。悲しい……(´;ω;`)

彼に会ったときに別れの理由を聞いたということですが、もしかしたら、まだ彼の中ではあこさんと付き合っていた頃の不満やストレスが消えていなかったのかもしれませんね……。

(5ヶ月たっても消えていないということは、半年どころか1年くらいは沈黙期間が必要だったのかも?? でも、別れて5ヶ月もたっているし、そろそろ会っても大丈夫かなと思っちゃいますよね……)

彼には今、彼女がいないということなので、あこさんがここからできることは、「もう一度半年間の沈黙をする」ことくらいでしょうか……。

(ぐっどうぃる博士の理論では、半年間の沈黙後に彼に連絡し、彼のテンションが低ければさらにここから半年間沈黙することになっています)

あまりいいアドバイスができなくて、ごめんなさい……。

今後は、とりあえず彼に対しては沈黙し、彼への「恋愛回路」を小さくするためにも積極的に出会いの場に出かけるといいと思います。

(もしかしたら、半年以内に彼から連絡がくるかもしれないですし!)

しばらくはツライ毎日が続くかもしれませんが……前を向いて、がんばっていきましょうね!!

 

 

トーベさーん!

メッセージありがとうございます!!

なるほど……。トーベさんと彼との間で色々すれ違いが生まれてしまったんですね……(´;ω;`)

・トーベさん「仕事の愚痴をただ聞いてほしい
・彼「トーベの悩みを解決してあげたい

・トーベさん「同棲するなら結婚前提
・彼「同棲するとしても、結婚はまだ数年先

以前にもブログに書いたことがあるのですが、「彼に話を聞いてほしい」女性と、「彼女の問題を解決してあげたい」男性とのすれ違いについて、ジョン・グレイ博士は下記のように言っています。

女性が自分の悩みや問題について話をすると、男性ほほとんど本能的に解決法を押しつけようとしてくる

相手の女性が何気なしに自分の落ち込んだ気持ちを見せたり、その日に起こった問題を口にしたりすると、男性は反射的に彼女が専門的なアドバイスを求めているのだと思い込んでしまうのだ。

彼は彼なりに心底から彼女の問題を解消してあげ、いい気分にしてあげたいと思っている。

何とか役に立ちたいと望んでいる。

そうすることが相手にとっての自分の価値を高め、愛情を深くしていくのだと信じているのである。

したがって、もし相手の女性が自分のアドバイスにもかかわらず、以前として落ち込んだ様子をみせたりしていると、男性は自分の提示した解決法を拒絶されたと感じ、自分が相手にとって役立たずな人間であると失望して、もはや女性の話に真剣に耳を傾けなくなってしまう。

引用:『ベスト・パートナーになるために』

つまり、

トーベさんが仕事の愚痴を言う

(よかれと思って)彼がアドバイスをする

トーベさんは別にアドバイスを求めているわけではなく、愚痴を聞いてほしい(自分の気持ちに共感して寄り添ってほしい)だけなので、愚痴を言い続ける

彼はいつまでたっても問題解決しないトーベさんに対してイライラ&自分の無力さを感じてだんだんトーベさんの話に耳を傾けなくなる(彼の中で「トーベとは会話ができない・価値観が合わない」)

多分、こんな流れだったのでは……。

彼としては、

トーベさんが仕事の愚痴を言う

彼がアドバイスをする

「あなたのアドバイスのおかげで問題解決できたわ!ありがとう!!」

みたいな流れを期待してたのかもしれないですね……。

(でも、そもそも仕事の問題って、人間関係も絡んでくるし、そんなに簡単に解決するものでもないわよね??)

こういうときは、

①仕事の愚痴は、彼以外の人に聞いてもらう(ぐっどうぃる博士はこちらをおすすめしています)

もしくは、
②彼に仕事の愚痴を言うのは最低限にとどめ、「いつも愚痴を聞いてくれてありがとう。とても感謝してる。ただ、私が仕事の愚痴を言うときは黙って聞いてくれるだけでいいの。あなたに聞いてもらえるだけで、気持ちが軽くなるから」と伝える。

(ジョン・グレイ博士によると、こう伝えることで「聞くだけで彼女の役に立っているんだ」ということが彼に伝わり、男性が問題解決モードになるのを防げるそうです)

グロリアは私の本に出合い、彼とのコミュニケーション法を意識的に変えた。

男には女性から感謝されることが必要」という箇所を読み、作戦を変更したのだ。

そして、彼に「感謝している」と話しかけるようにしたのである。

「自分の気持ちをわかってもらえて本当にうれしいわ。

私のグチを聞くことがどれほどたいへんだったか、やっとわかったの。とっても感謝してるわ

でも、これからは私の話を聞く時は黙って聞いてくれるだけでいいの……」

そう言ってもらえれば、彼も余計なことは言わずに話が聞けるようになる。

しかも、そのことで彼女の手助けをしているとわかれば、男にとっては喜びにすらなるのだ。

引用:『「愛される女」になれる本』

でも、いちいちこんなこと言わないと伝わらないんですかねぇ……(;´∀`)

(ぶっちゃけ、めんどくさいわね?)

同棲から結婚の流れについては、同棲しなくて正解だったと思います!

彼が「結婚は数年先」と言っていたということは、彼の結婚のスイッチの多くはまだオフになっていた可能性が高いですよね。

ここでムリに進めてしまうと「結婚のリスク」を彼が感じてしまうので、同棲をやめたことは賢明だったかと……。

それから、彼の家に置いてあるトーベさんの荷物をどうするかで悩んでいるということですが、今、トーベさんが考えているのが下記の3つですよね。

①彼から連絡があるまで放置する。
②荷物を受け取り、感謝の気持ちを伝えて、あっさり終わる。
③食事など最後のデートをした後に、荷物を受け取る。

ぐっどうぃる博士の理論にそって動くのであれば、①です!

私がトーベさんの立場でも、①にすると思います。

フラれた側はどうしても、「もう一度会いたい」と思ってしまうものですが、ふった側の彼にしてみればそれは負担でしかないので(しかも、別れの理由から考えて、トーベさんは彼に「うんざり」されている可能性があるので)、ここは①を選択してすぐに沈黙するのが無難かと……。

復縁に関しては色々な考え方があるので、ネットで情報を探せば探すほど迷ってしまうかもしれませんが、私は、男性の性質を考慮した、ぐっどうぃる博士の理論が一番効果があると考えています。

なので、トーベさんが納得できるのであれば、ここは「沈黙」が最善なのではないかと思います。

といっても、これはあくまでも私の意見なので……トーベさん自身でよく考えてみてくださいね!

(そして、沈黙中にダイエットがんばりましょう!!!! きっとものすごーく効果があると思いますよ!)

 

りんむーさーん!

メッセージありがとうございます!!

彼がバツイチで家庭の事情を抱えていたため、お試しで1ヶ月だけ付き合ったけれど、りんむーさんは彼を好きになりすぎて、別れた後もあきらめられない、と……(´;ω;`)

っていうか、お試しって何!!

もー、りんむーってばそれは無謀よ?

付き合ったら、どんどん好きになっちゃうじゃない!

そして、私、思ったんですが……

(ここから厳しいこと言います。ごめんなさい……)

そもそも彼は、りんむーさんのことを「体の関係を持ちたい。でも付き合いたくはない」と思っていたのではないでしょうか。

だから、1ヶ月だけ付き合うというのは彼にとって好都合だったのでは……。

「家庭の事情で付き合い続けることはできない」というのは単なる言い訳にすぎなくて、それを乗り越えられるほど、彼はりんむーさんのことを好きではなかったのかな、と。

彼の「○○に行こう」という誘いの言葉も、曖昧な関係のままであれば(付き合わずに体の関係を持てるのであれば)行きたい、でもりんむーさんによりを戻したいと言われたら、「それ以上近づかないでほしい」と思って、家庭の事情を理由にりんむーさんを拒絶する

こんな感じだったのかな~と。

(実際、りんむーさんからよりを戻したいと連絡して、電話でも話し合っていますが、家庭の事情を理由にバッサリ断られていますよね?)

3月末に別れ、4月中に数回体の関係を持った後にりんむーさんから「よりを戻したい」とLINEし、さらに電話で話し合い、5月初旬、6月中旬、7月初旬に連絡を入れ、今月も連絡しようと思っている……

ぐっどうぃる博士の理論にそって動くことをおすすめしている私からすれば、今のりんむーさんは彼とつながりすぎているという印象です。

本当は、3月末に別れて沈黙し、9月末に連絡する、というのがベストだったんですよ~!!

私がりんむーさんの立場だったら……彼のことは年明けまで(7月初旬に最後に連絡を入れたそうなので、ここから半年間)ほったらかしにするかも……。

で、その間に全力で婚活します!!!!

彼が抱えている家庭の事情を考えたら、たとえ復縁できたとしても色々あるでしょうし(彼と付き合い続けるのであれば、ガマンしなければならないことがたくさんあると思います)、りんむーさんは彼よりもずっと若いので、今から婚活すれば彼以上の人と出会える可能性は十分あると思うんですよね。

あーーーーー。アドバイスが厳しいわね? 厳しすぎるわね?? ごめんなさい……。

色々厳しいことを言ってしまいましたが、私からできるアドバイスは、年明けまで沈黙

年明けの挨拶を沈黙明けの連絡にして、それまで全力で婚活、です。

(年明けに連絡したときに食事の話が出たら、そのときに食事に行けばいいのではないでしょうか~)

博士:子供を産む結婚を考えているなら、沈黙している間に本気で婚活をしましょう

全てにおいて彼より良い条件の男性が見つかる可能性もあります

その場合でも、ジョングレイや僕の本を活かし、同じ失敗を繰り返さないようにしてください

(婚活に関しては『結婚を考えはじめた女へ: 何が男の心を動かす“決め手”になるのか (王様文庫)』を読みましょう。本の宣伝ではなく、これも最も効率の良い結婚するための方法や気をつけるべき落とし穴を書いたので必ず参考になります)

見た目も磨きましょう。

引用:彼と戻って結婚したいです。

 

ともこさーん!

お誕生日おめでとうございます!!!!

(ちょっと早すぎた? フライングかしら??)

ともこさんにとって、実りの多い、素敵な1年になりますように……。

まだ26歳よね。若いわっ!

元カレと職場が同じで沈黙できない場合、復縁の可能性は下がる?でともこさんへのお返事を書いた後に、少し変化があったんですね!

感謝の気持ちを綴った長い手紙を書き、彼の家のポストに届けてきた、と。

……これはちょっと……前のめり??

感謝と励ましの言葉については既にLINEで送って既読になっているということですし、ここで終わってもよかったのでは……。

でも、きっと、ともこさんの中で彼に伝えたい思いがあふれっちゃったんですよね。

彼はともこさんに未練があった感じですし、手紙もきっと読んでくれていると思いますよ~!

あとは、彼がどう感じるか、なので、ここからは再び沈黙で!

いつか彼から連絡がくると信じて、がんばっていきましょうね!!

 

ということで、お返事でした☆

お盆休みもあっという間ですね~!

明日からまた復縁活動がんばっていきましょうね!!

愛をこめて♡

ももか

  • About me

ももか

都内メーカー勤務のアラサーOL。 2017年6月に彼にフラれ、ぐっどうぃる博士の復縁テクニックをもとに、4ヶ月後に復縁。 2018年6月に結婚が決まりました。 自身の経験をもとに、元カレと復縁する方法についてブログで発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

-冷却期間を置く

Copyright© 崖っぷちOLももかの復縁日記 , 2018 All Rights Reserved.