冷却期間を置く

【復縁体験談】ちぃこさん編「わたしが復縁するまでにやったこと」

投稿日:

今年のバレンタインは、彼に渡す分と自分のご褒美用にラ・メゾン・デュ・ショコラのチョコを買おうと思っています。(奮発するわ♡)ももかです。

先日、無事に彼と復縁を果たしたちぃこさんが、「わたしが復縁するまでにやったこと」という内容でメッセージをくださったので、ブログに載せたいと思います。

(ちぃこさん、ありがとうございます!!)

関連記事:元カレと復縁するために、冷却期間(沈黙期間)が必要な理由

ちぃこさんの場合、1ヶ月半という短期間で復縁ができたので、そこだけを見てしまうと「実は冷却期間なんて必要ないのでは?」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、それについての答えも書いてくださっていますので、ぜひぜひじっくり読んでみてくださいねヾ(*´∀`*)ノ

それから、もえさん、あこさん(お2人いるのですが、「元カレに「変わってほしい」と思ったら、まずは自分が変わること」という記事でお返事を書いたほうのあこさんです)、りんさん、カフカさん、しろくまさんへのお返事は、記事の最後に書いてありますので、よろしければ読んでいってくださいね~!

りささーん!

また何かあったら、いつでもメッセージくださいね♪

そして、しろくまさーん!

復縁おめでとうございます!!!!

私もとってもうれしいですっ♡

【復縁体験談】ちぃこさん編「わたしが復縁するまでにやったこと」

先日、「彼に「重い」と思われないようにするためのポイント」という記事の中で、まっまさんにお返事を書いたときに、ちぃこさんのお名前が出ていたので、それを見て、ちぃこさんがメッセージをくださいました。

↓ ↓ ↓

 

本日メールをしたのは、まっまさんへの返信でわたしの事が少しお話に出てたからです。

返信内容を読んだ感じから想像するに、冷却期間が必要なのか、自分から動く事はダメなのかという事を悩んでいらっしゃるようなので、わたしが経験して思った事を、参考にならないかもしれませんが、役立てて頂ければと思い、メールしました。

冷却期間が必要なのか」という点については、結論から言いますと、必要でした

わたしの場合は、1ヵ月半という短い期間で彼と戻れましたし、途中ちょこちょこと彼に連絡してしまいましたが、それでも連絡をしなかった期間が必要だったと思っています。

そもそもわたしが彼と別れたのは、簡単に言うとわたしが重かったからなんですね。

わたしの世界は彼中心というより「彼のみ」で回っているという感じで、ぐっどうぃる博士が言うところの「手に入った距離」にいて、更には沢山の事を彼に要求しまくっていたのです。

ももかさんがこの文章を読んで想像している「重さ」以上だと思って頂いて結構です。

仕事以外の起きてる時間は、わたしと通話で繋がっててくれなきゃ嫌だってレベルです。

多分、彼の中では「重い」を通り越して「怖い」になってたと思います。

結果、別れの時には「好きの気持ちがなくなった」と言われましたし、今思い出しても苦しくなるくらい心を砕かれる言葉も言われました

(キツイ言葉を色々と言われたので、よく「復縁」で検索すると出てくる、「男は別れる時に相手を傷つけないように、本当の理由を言わない」というのは、一概に正しいとは言えないと思われますw)

そういう事もあって、別れた時は決して穏やかではありませんでした。

彼と一緒にいたんですが、一晩中泣いてました。目が開かなくなるくらい、瞼がパンパンになるほどに。

彼と終わる間際、彼は「何かあったらいつでも連絡して」と言ってはくれましたが、「離れたくない」というわたしの言葉には、NOの意思を示してきました。

なので、「何かあったらいつでも連絡して」というのは、罪悪感から言った言葉だと思います。

わたしが思うに、この時は、彼は完全に冷めていたかと。

だからこそ、冷却期間が必要だったと思うのです。

今だから思うのは、連絡しない期間を作ったから、彼がわたしと会う約束を守ろうとしてくれてたり、会った時の計画を立ててくれてたのじゃないかと。

もし別れた後、今までのように連絡を取ったり、何度も復縁を迫っていたら、彼はわたしと会おうとしなかったと思います。

そして、別れてから1ヶ月経ったくらいで連絡をした時(2度目の連絡で「傍にいて欲しい」と言った時)も、一応「復縁したい」と言うのではなく、「あなたを忘れようとしてるという感じで言ったのも、ギリギリよかったのだと思います。

もう元に戻りたいとは思ってないけど、ツライ期間傍にいて、ゆっくりと忘れていきたい(友達にシフトしていきたい)という感じで言いました)

その後、ご存知の通り彼が「鬱陶しい」という感じになった時に、しつこく連絡しないで、また連絡を絶ったのも、会ってくれた結果に結びついたと思います。

他人様からすると、「離れて1ヵ月半の間で2回も連絡してるじゃん」「冷却期間なんてあってないようなものじゃん」と思われるかもしれませんが、先に書きました通り、わたしと彼は付き合っている時、仕事してる以外は常に通話で繋がってるという状態だったので、感覚が他の方と少し違う気がするのです。

毎日、寝る時も通話で繋がったまま寝てましたから、本当に「ずっと繋がってる」状態でした。

半年間、ずっとそういう状態だったのがプツリとなくなったので、連絡をしないという状況が、他人様よりも感覚的に長く感じたのだと思います。

最初の連絡(年明け)が、日付の上では別れてたった2週間後ではありましたが、わたしの感覚としては、もっとずっと長いものに感じました。

多分、彼の中でもそうだったのじゃないかと思います。

そういう付き合いだったから、わたしの感覚としては何ヶ月も時間が経った気分でしたが、日付の上では1ヵ月半という短い期間で戻れたのだと思うのです。

冷却期間というのは、付き合ってた時の付き合い方で、必要な期間が変わるのだと思うのです。

重要なのは「どれくらいの期間か」ではなく、「お互いの気持ちが落ち着けるか」だと思います。

実際、わたしに最初の冷却期間がなかったら、2度目の連絡のあと(傍にいて欲しいと言って、彼に鬱陶しいという態度をされた時)、再度距離を置こうと思わなかったと思います。

鬱陶しいという態度をされても、気付かないふりをして、連絡をし続けていたと思います。

そうしなかったのは、自分の中に「冷静な自分」が存在してくれていたからです

ここはもう連絡してはいけないと、「冷静な自分」が判断してくれました。

そういう意味でも、冷却期間を作っておいてよかったと思います。

そして、ブログに書いてあった、「待つ」事しか出来る事がなくて、「自分から動いちゃいけないの?」という部分ですが。
まず、わたしが思う「自分から動く事」は、自分磨きでした。

彼と離れていた1ヵ月半(たった1ヵ月半と思われるかもしれませんが)やった事は自分でも「よくやった!」と思うレベルで頑張りました。

彼と終わってしまったショックで食事も喉を通らなかったのですが、それで痩せてはお肌の調子などが悪くなると思って、無理をして食べながら、きちんとした食事でのダイエットをしました。

きちんとした食事でのダイエットの為に、栄養学の本を読んだり、ネットで調べたりして、実行。

栄養を考えた食事をしながら3キロ減が成功しました。(これまでの人生でここまでダイエット出来たのは初めてです)

本もたくさん読みました。ももかさんが読んでらっしゃる恋愛心理学はもちろん、人間心理学、行動心理学などなど。

これについて思うのは、何度も読むのが大切なのだという事です。

別れてすぐに読むのと、何日か経って気持ちが少し落ち着いてから読むのと、もっと時間が経って更に気持ちが落ち着いてから読むのとでは、本の内容の受け取り方が違ってきました。

気持ちが落ち着けば落ち着くほど、理解が出来る部分が多くなったり、納得出来る部分が多くなったりしてきました

(例えば冷却期間についても、別れて間もない頃は、冷却期間が必要という言葉だけが頭に入ってきて、その理由に納得出来なかったりしますが、落ち着いてくると必要なんだろうなーと思えたり)

美容にも力を入れました。エステに行ったり、化粧品を変えたり、服を買ったり、小顔などを目指しての顔面体操をしたり

他の男性とデートまでは出来ませんでしたが、かなり昔の彼氏がやっているお店に行って話をしたり、ご飯を食べに行ったり飲みに連れて行ってもらったりしました

バーにひとりで飲みに行って、お店の人やお客さんとちょっと仲良くなったりもしました。

(これらはひとりでいる時間がツラくて、時間を潰すために行動したって感じですが)

自分磨きに使ったのは、金額にして20万ほど、時間は起きてる時間の全て

(仕事してる時でも、ひっそりと顔面体操をしたり、痩せる座り方をしたりと、その時その時に出来る事をずっとやってました)

自分磨きはある意味、自己満足のものだと思うのですが、彼と会った時のわたしは、自分で「変わった!」と胸を張って言えるくらいでした。

目に見える結果ではなく、自分で自分を褒めたくなるくらいの今までにない精一杯の努力が、自信を持たせてくれました

その謎の(?)自信が、彼に会った時の行動に繋がったと思います。

彼と会った時、今までとは違う行動をしました

例えば、遠距離でしょっちゅう会える訳ではなかったので、以前は会うたびに彼の写真を撮りまくっていたのですが、1枚も撮らなかったですし、以前はわたしから手を繋いだりくっ付いていったりしてたのですが、距離感を保ちました

そのお陰か、「元に戻ろう」という話になる前から、彼から手を握ってくれたり、距離を縮めたりしてくれました。(後から聞いた話ですが、「今日は写真撮らないんだなー」と彼も思っていたそうです)

これら全ての事を踏まえた結論として、わたしは冷却期間は必要だったと思ってます

確かにわたしがとった冷却期間は、日付の上では非常に短いものだったかもしれませんが、少なくとも「冷静な自分」がちょろちょろと顔を出すようにはなってましたし、「冷静な自分」が出す判断を実行に移す事も出来るようになってました。

(「冷静な自分」が顔を出すのがちょろちょろだったので、感情的な行動に出た事もありましたが、最後の最後で踏みとどまれたのは、「冷静な自分」がいてくれたお陰と思ってます)

ただ、彼と会うためにした行動は、間違ってなかったと思います。

彼に会うために自分から動きましたが、それはよかったなと思ってます。

何故なら、彼と会わなかったら、きっと元には戻れてなかったと思うからです。

なので、自分が変わったと自信がついたのなら、彼に会うために「自分から動いて」いいのではないかと思います。

大事なのは、「彼に会いたいから自分は変わったと思いたい」のか、「本当に自分は変わった」のかを正しく判断出来るくらい、冷静な自分がいるかどうかです

客観的に考えて「自分は変わった」と思えるのなら、行動していいと思います。

わたしの場合、遠距離なので、あの時が彼に会える最後のチャンスでした。

あの時に彼と戻れなかったら、それまでの経緯を考えてももう二度と会う事も連絡する事もなくなるだろうという切羽詰まった状態だったので、自分磨きの最後の追い込みは凄まじかったです。

付き合っていた時にしていた会う約束だったから会えるというだけで、会ったからといっても次の約束は出来ないという状況だったので、意地でも自分が変わらなきゃいけなかったのですが、あれはもはや狂気の域だった気がしますw)

ブログの返信内容からして、まっまさんは冷却期間を取っている今がとてもツライのではないかと想像します。

なので、こう考えられてはどうでしょう。

彼の気持ちを落ち着かせる為の冷却期間を取っているのではなく、自分が変わるための期間を設けていると考えて、とにかく自分磨きをする。そして、自分が変わったと思ったら彼に連絡する、と

復縁のきっかけである「連絡」などは、自分から行動を起こしていいのではないかと思うのです。

その上、彼に連絡をするために自分磨きを頑張るというのは、ある意味攻めの態勢だと思うのです。

ただ時間の経過を「待つ」だけよりも、目標が出来ていいのではないかと。

人の性格や、付き合っていた頃の状況はそれぞれなので、一概に何が正しいとは言えませんが、復縁を目指す上での切なさやツラさや苦しさは分かります。

待つ事しか出来ないのは嫌だという気持ちも分かります。

なので、こういう攻め方はどうでしょうというご提案です。

最後になりますが、彼と離れた1ヵ月半、生き地獄のような日々を過ごしていましたが、一度彼と離れてよかったと今では思っています。

確かに「元に戻れたから言えるんでしょ?」って内容だと思いますが、離れたからこそ分かった事もありますし、何より彼が傍にいてくれるだけでどれだけ幸せなのかが分かりまし

もう彼に要求ばかりをするのはやめました。愛を求めるのではなく、愛を与えたいですぐっどうぃる博士がいうところの、無償の愛を。
この気持ちをずっと忘れないように頑張りたいと思います。

 

 

ということで、ちぃこさんからのメッセージでした♡

他人にとっては「たった1ヶ月半」でも、ちぃこさん&彼にとっては「ものすごく長い1ヶ月半」だったんですね。

ちぃこさんがおっしゃっているように、冷却期間を「自分磨きをがんばる期間」と捉えて努力を重ねていくというのはとても前向きで素敵な考え方だと思います。

ちぃこさん、本当に本当にがんばりましたね(´;ω;`)

それから、自分から動くタイミングについてですが……

私自身も最後は自分の判断で彼を映画に誘って、それがちょうど彼のテンションが上がってきたときだったので、そこからトントン拍子に復縁まで進むことができました。

関連記事:タロット占いで、元カレと復縁できるかどうか今後のことを占ってもらいました!

今回、ちぃこさんも彼に会いに行って復縁することができたので、自分から動くタイミングを見極めるというのは重要なことだと思います。

一応、セオリー通りでいえば「彼から連絡がない場合は別れてから半年後(彼に新しい彼女ができた場合は1年後)」ですが、ちぃこさんがおっしゃるように、多少前後してしまっても、自分自身が「彼に会わない間にできるだけのことはやった」「変われた」と心から思えるのであれば、いいのかもしれません。

(あとは「自分が演じる役割」に矛盾がないか?、彼に未読無視・既読無視されていないか?、彼の仕事の状況はどうか?なども総合的に判断して考えてみるといいと思います。そして、ちぃこさんもおっしゃっているのですが、自分から連絡するときには、それ相応の「覚悟」が必要です)

ちぃこさん、今回はとても役立つアドバイスをありがとうございました!!

メッセージをくださった方へのお返事

ここからは、メッセージをくださった、もえさん、あこさん、りんさん、カフカさん、しろくまさんへのお返事です。

もえさーん!

彼の家に置いてある荷物、まだそのままなんですね……。

ぐっどうぃる博士も言っているのですが、彼の家に置いてある荷物は一刻も早く取りに行ったほうが、沈黙の効果が強まると思います。

なので、なるべく早めに取りに行って、その後は一切の連絡を絶ち、プライベートでは「生きているか死んでいるかわからない状態」を作りましょう!!

(彼の仕事を引き継ぐ女性の存在もあるので、もえさんも本当にツライと思いますが……彼女の存在はとりあえず置いておいて、今は自分がやるべきことに集中です!!)

街コンで知り合った方に連絡もらったんですねヾ(*´∀`*)ノ

ぜひ……次は誠実な男性を……。

(ヒャダ!! 本音が出たわ?)

何か進展があったら、また報告してくださいね~。

 

あこさーん!

今、もやもやしているんですね(´;ω;`)

10月上旬にLINEで別れ話をされて、11月中旬に直接会って彼の気持ちを聞いて、12月末にあこさんから誘って食事に行って、1月に入ってまたあこさんから食事に誘ったけれどキャンセルされて、LINEをしても既読スルーされている……と。

おおぅ。

これは、ちょっと自分からつながりすぎでは……。

ぐっどうぃる博士はいつも相手の「言葉」ではなく「行動」を見るように、と言っています。

彼の言葉ではなく行動が全てです
彼の行動は、「〇〇は後回し」でしょう。
今彼の頭の中に〇〇さんはいません。

引用:よろしくお願いします。

そうであれば、「食事をキャンセルした」「食事の誘いのLINEを既読スルーした」という彼の態度が、答えになるかと……。

なので、今の時点ではあこさんに会う気がない、ということなので、ここからはしっかりと沈黙をすることが最善の方法になると思います。

ツライのは本当によくわかるんですが……(会いたくなっちゃいますよね……)、今回のちぃこさんのメッセージも参考に、冷却期間を自分磨きの期間にあててみてください!

また気持ちが不安定になってしまったら、いつでもメッセージくださいね。

 

りんさーん!

そうですよね。周りの友達に「元カレと復縁したいの!」とはなかなか言えないですよね……。

(「あんなやつ早く忘れたほうがいい」とか「新しい人を探しなよ」とか言われることが多い。復縁あるあるですね(;´∀`))

彼が新しく好きになった人(ふわふわアンパンマン女子??)に目が向いている限りは、沈黙をしておいたほうが無難だと思います。

(ここで下手に動くと、余計に復縁の可能性を下げてしまうかもしれないので……)

あーでもツライですよね。わかります(´;ω;`)

彼ときちんとお別れしたのが12月末ということなので、まだ最後に会ってから1ヶ月半もたっていないんですよね。

色々な感情が出てくる時期だと思うので、それに蓋をせずになるべく向き合っていくと、少しずつ整理できてくると思います。

そして、ぶっちゃけてしまうと、私もりんさんの彼の突然の音信不通はひどいと思うヾ(*´∀`*)ノ

(言っちゃった!)

ラブラブのデートから突然の音信不通、しかもその時期、りんさんが家族のことで色々あって落ち込んでいるのを知っていたんですよね?

ひ・ど・い・わ?

でもでも、そんな彼でもやっぱり好きなんですよね……。

メッセージはいつでも受け付けていますので、また何かツライことがあったら、いつでも送ってくださいね~。

 

カフカさーん!

おお。『恋愛ユニバーシティ』でも復縁について相談してみたんですね。

色々な方の意見を聞くのは、とてもいいことだと思います!

特に『恋愛ユニバーシティ』のサイトユーザーの方々は、ぐっどうぃる博士の理論を深く理解されていらっしゃいますし、わりと手加減なくビシッと言ってくださるので(回答を見てると「きききき厳しい……」と思うこともありますが(;´∀`))、「やっぱり未読無視が続いているから、バレンタインはスルーしたほうがいいよね」と納得できるのではないかと……。

ひとまずバレンタインはスルーして、別れてから半年後の連絡を目標に、自分磨きをしたり、ほかの出会いを探してみたりするといいかもしれません。

冷却期間中は弱気になってしまうことも多いと思いますが、「彼と復縁するために必要なこと」と前向きに考えてがんばっていきましょうねっ!

 

しろくまさーん!

復縁おめでとうございますっ!!!!

私の知っている範囲で、しろくまさんのこれまでの経緯を説明すると……

①5年付き合った彼と、最後のほうは別れたり距離を置いたり戻ったりしていた。
ここ1年は完全に離れていた
③2017年の秋頃から彼発信で連絡がくるようになりしろくまさん発信の連絡はゼロ)、2018年1月中旬に1年ぶりに彼に会ったときに「また仲良くしてくれる?」と聞かれた。
④先日、彼に「良かったら、また付き合ってくれる?」と聞かれ、正式に復縁。

素晴らしいっ!!

これはもうお手本と言えるくらい素晴らしい流れ!!!!

1年しっかりと距離を置いたら彼から連絡がくるようになって、久しぶりのデートでお互いの気持ちを確認して、見事復縁!と。

この1年、色々ツライこともあったと思いますが、がんばった甲斐がありましたね。

これからバレンタインもありますし、この1年を取り返す勢いで彼とラブラブしちゃってくださいね~♡

 

こうして見てみると、一口に「復縁」といっても、私・ちぃこさん・しろくまさんでは復縁までの流れが全然違いますし、復縁するまでに必要な時間も人それぞれなんですよね。

なので!!

皆も焦らずに、「今自分がやるべきこと」に目を向けて、がんばっていきましょうね!!

復縁に焦りは禁物よっ!!!!

愛をこめて♡

ももか

  • About me

ももか

都内メーカー勤務のアラサーOL。 2017年6月に彼にフラれ、ぐっどうぃる博士の復縁テクニックをもとに、4ヶ月後に復縁。 2018年6月に結婚が決まりました。 自身の経験をもとに、元カレと復縁する方法についてブログで発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

-冷却期間を置く

Copyright© 崖っぷちOLももかの復縁日記 , 2018 All Rights Reserved.