体験談

【復縁体験談】仕事が多忙な彼と、約3年ぶりに復縁することができました!

先日、ぴぴさんから「別れて約3年ぶりに復縁しました」とのご報告がありました!

ああああ~。

 

3年ぶり!!!!

 

すばらしいです(´;ω;`)

復縁おめでとうございます!!

ということで、これまでの経緯など詳しくブログで紹介したいと思います!

 

そして、ぴあさーん!

入籍おめでとうございます♡♡

ここまで紆余曲折ありましたが、無事に入籍とのこと、私もとってもうれしいです。

記事の最後に、お返事書きますね。

 

そして、2月24日のインスタのコメント欄に、せつさんから復縁報告が♡(せつさんは、2度目の復縁です)

コメント欄でのやりとりの一部を載せておきます。

2度目の別れ⇒別れた後も元カレから連絡がくるのでガイドラインを出し、その後は既読スルーする⇒元カレから「もう一度付き合って」と復縁の申し込み、という流れです。

12月5日せつさんコメント【復縁後、2度目の別れ】

 

1月31日せつさんコメント【元カレからの連絡にガイドラインを出す】

 

私の返信

 

2月18日せつさんコメント【彼からの連絡が減り、彼が内心焦り始める?】

 

私の返信

 

2月18日せつさんコメント【もし元カレに会いたいと言われたら?】

 

私の返信

 

2月24日せつさんコメント【元カレから復縁の申し込み】

 

おめでたいことが続いていますね~!

復縁の形、そして復縁ではなくても幸せの形は色々なので、皆も自分にとって最善の結果が出るようがんばっていきましょうね!

【復縁体験談】仕事が多忙な彼と、約3年ぶりに復縁することができました!

ももかさん、大変ご無沙汰しております。
2019年3月頃に相談したぴぴと申します。(彼の仕事の忙しさが原因で別れてしまった…)

(※以下の記事でお返事書いています)

遠距離恋愛の不安から彼に連絡しすぎると、彼の気持ちが冷めていく
(最初にご相談メッセージをいただいたときは本名とのことだったので、ご本人の希望で「ぴぴ」に統一しました)

出会いがないときは何をすればいい?新しい出会いを見つける方法

あれから中々上手くいかず、もう諦めて結婚相手を探そう!仕事をがんばろう!と日々楽しんで過ごしていました

彼とは連絡をとっていないもののSNSで繋がっていたので、誕生日やお互い仕事で変化があった時には、おめでとう、等一言送る関係でした。

2021年になって、私が転職したのを機に連絡頻度があがり、2月に会おうと誘われました

そこで、仕事のプレッシャーが大変で辛いこと、やっぱり私と一緒にいると安心できるから戻りたいことを告げられ、復縁することになりました…!

今年に入ってからの展開が早すぎて自分でも気持ちがついていけてないのですが、やっぱり会うと、この人がしっくりくるし、これからも支えていきたいなぁと思いました!

辛い時、このサイトにきて冷静になれたから今があるなと思っています!ありがとうございます。

 

 

ぴぴさーん!

復縁おめでとうございます~!(´;ω;`)

ぴぴさんから最初にご相談メッセージをいただいたのが2019年1月5日、そして復縁のご報告をいただいたのが2021年の2月26日。

いつの間にか、長い時間がたっていたんですね。

別れて3年というのは、私がいただいた復縁報告の中で一番長いです。

(確か博士も「最長で3年」と言ってましたね)

ぴぴさんのこれまでの経緯をあらためて振り返ってみましょう~。

交際期間は2年半です。

2018年春 彼の仕事が激務になり、会う時間が減る。ぴぴさんが不安になり、「寂しい」と泣いてしまう。彼が「好きだけど、今の仕事状況だといっぱいいっぱいで、ぴぴの期待に応えられず俺もつらい」と別れることに。
別れ際に泣いてすがったため、LINEをブロックされ、半年間の音信不通に。

2018年11月半ば ぴぴさんから感謝の手紙を送ると、すぐに彼からメールで「電話したい」と連絡あり

2018年12月半ば ぴぴさんから電話をすると「本当に好きで大切だったのに伝わらなくてごめん。本当に仕事がいっぱいいっぱいで、仕事以外で人と会うのがしんどかった」と30分ほど彼に泣かれる
ぴぴさん「また会いたいから、落ち着いたら連絡してもいい?」⇒彼「大丈夫」

2019年1月 年明けにあけましておめでとうのやりとり。

2019年2月 何度かやりとりし、会えることに。ぴぴさんの誕生日当日は連絡がなかったけれど、会った日に彼がぴぴさんの好きなお菓子をプレゼントしてくれる。別れ際にハグ

SNSだけはつながっていたため、ここからはお互いの誕生日や仕事の変化があったときに「おめでとう」と一言送る「薄くつながる」関係に。

2021年2月 ぴぴさんの転職を機に彼からの連絡頻度が上がり、会おうと誘われ、「ぴぴと一緒にいると安心できるから戻りたい」と言われて復縁。

 

こうして経緯を見てみると、2019年2月に最後に会ってから、2年が経過していたんですよね。

よく博士が、沈黙というのは、「何もしない」ことを「している」んですよ、と言っていますが、まさに……!

誕生日などお互いの大切な日だけ連絡をとりあい、それ以外はそっとしておく、というのが「彼を見守る」ことにつながったんだと思います。

復縁を引き寄せたポイントとしては、

①彼のぴぴさんに対する想いが強かったケンカもほとんどせず、2年半ずっとラブラブで、体の関係も変わらずあった。別れるときも、別れた後に電話で話したときも、彼はぴぴさんのことを「本当に好きだった」と言っていた)。

②別れの原因は、彼が仕事でいっぱいいっぱいになっただけで、ぴぴさんに不満を感じていたわけではなかった。

③ぴぴさんが彼の仕事の状況をよく理解していたため、別れた後に破壊行動をせずにすんだ

「薄くつながる」、日々の自分の生活を楽しむ、を実践できていた(彼の仕事が落ち着き、ぴぴさんに気持ちが向かうタイミングを待つことができた)。

このあたりではないでしょうか!

最初にいただいたぴぴさんのメッセージからも、彼のぴぴさんに対する強い思いは伝わってきていたんですが、それでも仕事でいっぱいいっぱいになってしまうと「別れ」を選ばざるを得ないこともあるんですよね……。

2月に入ってから怒涛の展開ということで、ぴぴさん自身も驚いているとは思うんですが、きっと復縁してからも彼の多忙さは変わりないと思うので、不安になってしまったときには、以下のコメントを参考に心を落ち着かせてくださいね。

(博士のサイト『恋愛ユニバーシティ』の一般ユーザーの方で、多忙な彼を支え、お付き合いを続けている方のコメントです。長いけど、読んでみて!)

一般ユーザー:「トイレやごはんの暇があるならメール一本くらい返せるはず」という言葉、待ってる女にけっこうグサッと刺さりますよね。
弱ってるときだと出血多量で死に至るし、刺しどころによっては即死。
正論なだけに、すごい切れ味です。

=忙しい男ほど愛した女を大切にする
=30秒のメールすら来ないあなたは愛されてない
=そんな男はやめてさっさと次にいくべし

確かにそのとおりなんですが、でもでもだってやっぱりと忙しい彼の肩を持ちたい気もして、そういうときの気の紛らわし方です(我流です)。

サッカー選手がハーフタイム中に彼女にメールするか?
しない。するわけない。
外科医が手術中に彼女にメールできるか?
できない。できるわけない。

と考えてみたりして、多忙な彼がメールできないのも仕方ないわネ、と気を落ち着けます。

ワールドカップの試合ならなおさら絶対しないだろうし、成功率5%の超難しい手術ならなおさらしないだろうし。

でもサッカーの試合は90分、手術は長くて数時間。
そのくらいなら我慢できるけど1ヵ月ってどうなのよ?とも思いますが、選手寿命とサラリーマン生涯も違うので、そこは相対的に考えて。

プロサッカー選手と比べても…とも思いますが、じゃあ私の恋愛はハリウッドセレブの恋愛に劣るのかといえば絶対にそんなことはないので。

日の丸を背負うプロサッカー選手でも、組織の歯車でしかないしがないサラリーマンでも、取り組んでる仕事が本人にとって真剣そのものなのは同じで、だからハーフタイム(仕事の合間)にメールができないのは仕方ないことじゃないかと。

90分の試合の結果だけで評価されるプロ選手より、たとえば平日飲みとか休日ゴルフとかも含め、あらゆる面で評価・査定されてしまうサラリーマンの方がある意味過酷だったりして。
終わりのない耐久レースに出てるようなものなのかも。

私はこのあいだ2ヵ月連絡がこないことがあり、1ヵ月過ぎた頃からはかなりモヤモヤイライラしてきて、888さんのコメントなどを見てなんとか心を落ち着けていましたが、ようやく2ヵ月目に連絡がきたときには、うれしさより何より腹が立ち、一発おしおきしてやりたくなりました。
(「どちらさまでしたっけ?」と返そうかと思った)

でも、重責を背負い、ほとんど家にも帰らず泊まり込み、デスクの前に新聞を敷いて数時間の仮眠、しかもこの状況が最低一年は続く、という彼にしてみれば、2ヵ月に一度の連絡でもハーフタイムどころか試合中の連絡だったのかもしれない。ありがとう。と思い直しました。(※ブラック勤めではないですよ)

甘すぎでしょうか。惚れた弱みです。
(現実検討能力が低いですねと言われそうですが…)

あくまで私の場合なので
・彼の人柄や仕事についてよく知らない
・忙しいと言いながら他の女のところにいるかも
・婚活サイトにログインしてる
・そんなに待ってると自分が適齢期を逃す
などなど諸事情により当てはまらないこともあると思います…。

実際、私自身が仕事をする場面では、大事な打ち合わせ中でも机の下で隠れてスマホ打ってる営業さんもいるし、ほんとに男もいろいろなんでしょうけど。

余談ですが、ワールドカップ見てるといろいろ思うことがあり、たとえば私が香川選手の彼女だとして、先発に出られず活躍もできず呆然としている香川選手に
「仕事の悩みがあるなら話して?話せばラクになるよ?」
「落ち込んでるときこそ彼女に癒されたいはずよね」
とまとわりつくなんてそれこそありえないなぁとか、こういうときは絶対そっとしとくべきだな〜とか、試合が終わったのならすぐ連絡ちょうだいもNGだな、とか。

男が真剣に仕事に打ち込んでいるときにしてはいけないこと、望むことがちょっとわかった気になったりしました。

引用:男の待ち方と男の愛し方

確かに、香川選手がチーム内の競争や移籍のことで色々葛藤しているときに「悩みがあるなら話して?」なんて言ったら、嫌がられそうですよね(;´∀`)

それから、以下のコメント、めちゃくちゃ大切なことが書いてあると思います……!

多忙な彼とお付き合いしている……という方はメモしてっ!

一般ユーザー:ここの皆さんのコメントや博士理論から私が徹底したこと。
いつも携帯のメモに入れて見てました。のち、考えない方向に気持ちをシフト。
途中からは見なくなりましたが、参考までに。

彼に居心地の良さを徹底的に提供する。(ダメ出し、要求しない)

感情的な時は絶対行動しない。何か言いたくなっても、メモや宛先入れずにメールの下書きを書く。書き直すを繰り返す。(絶対送らない)

③傍にいる時間が長いより、短い方が彼は居心地が良い離れていれば、勝手に彼が良いイメージを育ててくれます)のだと割り切る。少ない時間をあえて大切にする

「沈黙」や「恋人の心を取り戻す方法」は別れの覚悟をもってする
中途半端な気持ちでしない。追ってもらうことが最終目標。ちょっとの沈黙で自分が追わない状態になっただけで、追ってもらうまでは浮つかない。あくまでも最終目標は「追われる」ということ

穴にこもっている間は、ほっておく。ほっておく事で相手に勝手にいいイメージを育てる。

男は自分で解決し、自分で答えを出すことで存在価値を見出す自尊心を大切にしてあげる。下手に落ち込んでいる時や弱っている時は、あれこれ世話を焼かない
連絡できなくて、ごめん。仕事でいっぱいいっぱいになってる自分が正直情けない・・・などの連絡に対しての謝りが来た時は、
応援してるという姿勢を見せ、ちゃんとそっとしておく。
いつも私がイメージしていた像は、
情けないことも謝らないといけないことも何もない。自分が解決すべき問題があって大きければ大きいほど、それだけ技量があるってこと。分かってると思うから何の心配もしていない
と、彼の能力信じている姿勢。

~してくれてるし、~してくれてる、いつも幸福にしてくれてる。ごめんという理由が全く分かりませんよ」という、自分は幸せで何の不安も不満もないという姿勢
散々悩んで出した自分の結論を、男性は絶対的に信頼し執着する
それまでの辛抱だと思って頑張る価値はある。
彼に悩む時間を十分に与え、そっとしておく事が何よりも重要

戦行くって言って、実は城下町に遊びにいっているかもしれない。
バカ殿みたいに姫といつも遊んでいる方が姫は満足するのかもしれない。
でも私はそんなオナゴや遊んどらんと、天下取ってこーい!!!って強く思います^^

引用:彼の待ち方と男の愛し方

それから、以下は「恋人の心を取り戻す方法」を使って、激務な彼と結婚することが決まった一般ユーザーの方のコメントです。

一般ユーザー:「待つ」って、何だろうって考えた時に、先が分からないから待機してしまうのかな、とふと感じました。

例えば、女の子なら誰もがある生理。
まー周期は人それぞれだけど、だいたい月1で来るよね。
で、みんなそれを『知ってるから』待たない
生理いつ来るの?って毎日そわそわしている人なんていない。笑

多分、月1の想定から外れて初めて、「やばい、、生理いつ来るのかな・・」って心配して、待つ。
まぁ、この場合、何か思い当たる節(ムフ♡)が駆け巡る?w

例えば、お給料日もそう。
みんな知ってるから、「お給料いつ貰えるのかしら・・・」ってそわそわ待たない。
だって、普通の会社なら毎月決まった日に貰えるもの。

こうして考えると、彼の連絡を待っちゃうのは、
彼があなたに連絡をいれるタイムスパンを知らない
彼があなたをどれ位で恋しくなるのか知らない
ってことが、大きく不安にさせている要素なんだと思えるの。

私のリアル友で、私の彼以上に超激務の彼とお付き合いしてる子がいて、最初はいつも彼の連絡を待ってた。
週末に連絡あるかな、と期待してもないと寂しくなって、彼からの連絡を待たずして、自分から連絡を入れてた。
でも、彼からの返信があっても、彼女、いつも不安そうだった。
「私の返信に返してくれてるだけかな・・」って。

でも、ある時、彼からの連絡を待ってみることにした
そうしたら、ポツリポツリと彼から連絡は入って
タイムスパンを計ってみたら、だいたい2週間おきだって分かった。

2週間をもっと縮める方法はさておき、とにかくこうして、彼女は、彼から連絡が入るスパンを知ったから、もう待たなくなったんだよね。

今の私もそうですよ。
彼から連絡が来ることを知っている
だから不安に思わない。(^-^)

今、連絡を待っちゃって辛いって思うあなたも、彼の連絡パターンを一度計ってみるといいかもしれないですね。

引用:連絡を待ってしまうあなたへ。

連絡のスパンを知る、ってすごく重要だと思います。

これまでの状況を時系列で整理して、どれくらいのスパンで彼から連絡がきているのかを知れば、焦って自分から連絡するのを防ぐこともできますし。

ただね~、「仕事が忙しい」をどう受け止めるかっていうのが難しいんですよね。

本当に仕事が忙しくて、いっぱいいっぱいで追い詰められている場合と、実はほかの理由の言い訳に使っている場合(たとえば気持ちが冷めたとか、新しい女性の存在とか)があるので……そこの見極めは重要ですね。

(ぴぴさんの場合、彼の仕事の状況がよくわかっていたので、この点では心配なかったですよね)

あとは、以下の「愛しているなら、愛されたいのなら、自由にさせてあげる」これ、深い~!

一般ユーザー:「一日に一通もメールを出せないほど忙しい人はいません」「トイレに行く暇もない人はいません」なんていう言葉、多忙な彼との付き合い始めによく目にした。
今思うと、なんてバカな言葉だと思うんだけど、その当時は、そうだよね、やっぱ愛されてないじゃんって彼の気持ちを疑って本当に辛かったなぁ。

でも、この惑わせがちな言葉。
よく考えてみると「どんなに忙しくてもメールを出せないはずはないのだ」という相手の事情を差し置いた決めつけなの。

私はメール一通も出せない程、激務な男たちを知っている。
朝から夜中まで、一分も息を深く吸う暇もない人。
家に着くと、なだれ込むようにベッドに吸い込まれる人。

そういう激務の環境にいる時は、時間を作らないのではなく、『時間を作る余力がない』のだ。

でも、そんな状況を想像できない彼女は、連絡がない=愛情がないって思う
だから愛情を欲して連絡をしてほしいとせっつく。そして・・・まぁ、恋ユニの皆さまなら、この結末はお分かりと思います。

アドラー心理学会顧問の岸見先生は、「この人の思い違いは、愛するより愛されることが重要と思っていること。愛するか、愛さないかの決定権は相手が持っているのだから、そこを強制することは出来ない、だからこそ愛される努力をするべきである」と解いています。

愛されるにはどうしたらいいのか?で重要なのは、人はどんな時に愛されていると思うのか、ですよね。

アドラーは、こう解いています。「人は自由にさせてもらっていると思える時、最も愛されていると感じる

例えば、勉強しようと思っているのに、いつも親が勉強しているか見張っていたら、やる気を失いますよね。
自由にさせてもらえていない、常に監視されていると思う時、愛されているとは思えません。

愛情を欲して「どうして連絡くれないの?」、「どんなに忙しくてもメール一通くらい出せるでしょ」などと詰め寄ってしまうと、確かにそうだねと認めてくれても、あなたを愛する気持ちを消滅させてしまう

愛しているなら、愛されたいのなら、自由にさせてあげる
なかなか難しいですが、努力したいものですね。

引用:忙しい男が愛されていると思う時

仕事のプレッシャーが大変でつらい中、彼にとってはぴぴさんの存在が「癒し」になっているのだと思います。

これからも彼を支えながら、彼との日々を大切に過ごしていってくださいね。

メッセージをくださった、ぴあさんへのお返事

12/5のブログに載せていただいたぴあです。

関連記事:【復縁婚体験談】1年以内に結婚する約束で復縁し、無事に婚約しました!

【復縁婚体験談】1年以内に結婚する約束で復縁し、無事に婚約しました!

ももかさん、お忙しそうですが、2月はたくさんブログ更新されてて嬉しいです!

ご報告です。
先日、無事に入籍しました
1年前は彼に連絡してみようか勇気が出なくて悩んでいて、1年後に入籍できているなんて想像していませんでした!

結婚が決まってからも色々と話し合うこと決めることも多く(最初は何でもいいよ、と言っていた彼が彼母の意見でコロッと変わって揉めたり、コロナの影響で両家顔合わせができなくなったり…)ありましたが、結婚を決めた彼の気持ちは強く、きちんと向き合ってくれました
結婚までに色々段階を踏むのって覚悟を確認する意味があるんだな…と改めて感じました。

まだまだコロナ禍の中、家探し、家計、延期になった顔合わせ、結婚式、等、相談していくことは多いですが、彼とならやっていけると思っています。
彼に結婚を決めた理由について聞いてみましたが「1人でやりたいことはやりきった気がする。周りみんな結婚しちゃったし。タイミング。それも縁があったってことじゃない?」と言っていました。

「ずっと一緒にいたいから」とか言ってほしいところですが(笑)そういう本音で話せるところが気楽で居心地が良いのだと思います。(彼は男性のわりに何でもよくしゃべります)たくさんおしゃべりする分、ぶつかりやすかった私たちですが、最近、彼の話している内容が私の価値観と合わなくても「うんうん、○○くんの価値観だとそうなんだね」と一旦聞く技を身につけてきました

ただ、ももかさん・博士から色々学びましたが、まだまだ私自身をコントロールしきれず、やらかしてしまいそう&やってしまった!!ということもあります。。。
自分で自分のご機嫌を取るのって本当に難しい…。
特にこのコロナ禍で友だちとも自由に会えなくて。

その度にももかさんのブログを振り返りながら、彼との関わり方を見直しています。
今後もそうやって彼と一緒にお互いの居心地の良さを作っていけたらいいかな、と思っています。

こちらのブログ相談は卒業かな、と思うと寂しくてちょっと不安で、彼がいる人や結婚した人向けにも相談ブログやってほしい!と思ってしまいます。
でもきっと彼と良い関係を築いていくために必要なことは復縁相談にも含まれていると思うので、これからもブログを読ませてもらって彼との関わりの参考にさせてください!
ここまで来られたこと、今幸せなのはももかさんのおかげです!!
ありがとうございました。

 

 

ぴあさーん!

入籍おめでとうございます!!

「今幸せなのはももかさんのおかげです」ってちょっ……涙が……(´;ω;`)

(最近、歳のせいか涙もろい……。もうすぐ33歳の私)

1年前は「連絡をするかどうか」で悩んでいたのに、その1年後に入籍しているとは……!

人生って本当に何が起きるかわからないですよね。

「結婚までに色々段階を踏むのって覚悟を確認する意味があるんだな…」ってこれは本当にその通りで、博士も以下のように言っています。

博士:結婚というのは、親の反対以外でも、最初に決心をしてから、何度も「本当にこの人でいいんですか?」と確認するステップが訪れます。

彼に訪れた試練は、結婚を決意した男性には皆訪れる程度のものです。
女性は、男性の覚悟が変わらないように、恋愛回路を作り、「結婚したら幸せになれるんだろうな」と夢を抱かせ、徐々に独身の自由さをあきらめさせる必要があります。
(もちろん、結婚した後の居心地の良さのために言うべきところを言っておく必要もあるでしょう)

引用:連絡が取れません。

博士:結婚式はきちんとすることを勧めます。
彼にプロポーズをしてもらい、互いの両親に挨拶をし、指輪を買って、結納をし、結婚式場を決め、招待状を出し、式をするという順番をきちんとこなす事で、結婚の覚悟が生まれます
また皆に結婚している事を公にするので、浮気やすぐに離婚をしにくくなります

親族だけの小さな式でも良いので、すべきだと僕は思っています。

結婚生活をうまくいかせるためには、その覚悟が重要なのです。
なんとなく籍をいれたというのは、覚悟がうまれにくく、浮気や離婚につながりやすいと僕は考えています。

引用:別れた彼

私は親族だけのささやかな結婚式でしたが、それでも色々と面倒くさいこともあったので(←言い方(;´∀`))、1つ1つ段階を踏んでいく、って確かに大切なことだと思います。

彼の「1人でやりたいことはやりきった気がする。周りみんな結婚しちゃったし。タイミング。それも縁があったってことじゃない?」という言葉は、結婚を決意する7つのスイッチのうち、

・1人でやりたいことはやりきった⇒⑤「今の自分」と「あるべき自分」が一致していると彼が感じていること、がオン

・周りみんな結婚しちゃったし⇒⑥まわりの常識が「結婚するべき」と彼を促していること、がオン

になった、ということでは。

こういうタイミングも含めて、彼とぴあさんは縁があった、ということですよね。

それから、「自分で自分のご機嫌を取る」、これって本当に難しいですよねぇ……。

私の場合、母が体調を崩していたこともあって、1月は一人で伯母の介護に行っていたんですが、これがね~、疲れるのなんのって。

アルツハイマーだとわかっているのに「思い出の中の伯母」と同じ反応をつい期待してしまうからなのか、話が全然かみ合わないことに疲れてしまうのか……仕事とはまた違ったストレスを感じるのです。

で、家に帰ってきてもなんだかモヤモヤしたような気分で、誰とも話したくない、彼とすら話したくないと思ってしまうことがあるので(彼のこと大好きなのに!)、そういうときは一人でひたすら好きな小説(なるべく古い小説)を読むようにしています。

カポーティの『草の竪琴』とか、アーヴィングの『ホテル・ニューハンプシャー』とか、サリンジャーの短編『ブルー・メロディー』とか、尾崎翠の『歩行』とか……目の前の文章を目で追っているうちにモヤモヤが少しずつおさまってきて、あ、もう大丈夫だ、と思えるようになるのです。

お風呂にゆっくりつかるとか、好きな音楽を聴くとか、人によって何かしら「自分で自分の機嫌を取る」方法はあると思うんですが、何か1つそういう必殺技みたいなものを身に着けておくといいのかもしれませんね。

これから結婚生活を送る上で、お互いの価値観の違いが浮き彫りになることもあるかもしれませんが、今のように「一旦受け入れる」技を駆使しつつ、楽しい、居心地の良い家庭を築いていってくださいね。

博士結婚すると「居心地の良さ」がさらに重要になると思います。

彼に誠実さがなくなったり、彼のテンションが下がったなら距離を置いてください。
彼が〇〇さんに優しくしたり、誠実でいるうちはそれを喜び感謝することです。

彼を思い通りにしようと思わず、彼を理解するように努めてください。
彼が許せないことをしたら、それはきちんと言いましょう

このようにして、彼にすこしずつ〇〇さんとのつきあい方を覚えてもらいます
同時に〇〇さんも彼とのつきあい方を探していきましょう

引用:新しい彼女ができ離れていきました

このブログは基本「復縁ブログ」ですが、復縁だけではなく恋愛相談全般受け付けているので、結婚生活のお悩みでも大丈夫ですよ~。

これからも何かあったら気軽にメッセージ送ってくださいね!(お返事書きます!)

 

 

ということで、お返事でした☆

今期は面白いドラマが多くて、我が家ではクドカン脚本の『俺の家の話』、綾瀬はるかと高橋一生の入れ替わりが話題の『天国と地獄』を見ています。

特に『天国と地獄』は、毎週彼と一緒に見ているんですが、最終回について2人であれこれ話してると楽しくて、ああ、幸せだなぁと感じます。

結婚生活って、こういう小さな幸せの積み重ねなのかもしれないですね。

皆も、ぴぴさんやぴあさんに続けるよう、ベストなタイミングを待ちつつ、自分磨きがんばっていきましょうね!

愛をこめて♡

ももか

ももか

都内メーカー勤務のアラサーOL。復縁アドバイザー。 2017年6月に彼にフラれ、10月に復縁。その1年後に結婚しました。 恋愛カウンセラーぐっどうぃる博士の恋愛理論、心理学者ジョン・グレイ博士の男性心理を学び、自身の経験をもとに元カレと復縁する方法についてブログで発信中。復縁・恋愛相談も行っています。

-体験談

© 2021 崖っぷちOLももかの復縁日記