復縁の方法を学ぶ

復縁活動中、自分から元カレを食事に誘うのはやめたほうがいい?

お久しぶりのブログ更新になってしまいました。ももかです。

ブログを書かない間に、ドラマ『やまとなでしこ』の特別編が20年ぶりに月9枠で再放送され、三浦春馬くんが亡くなり、バチェラー3の友永さんが岩間さんと結婚……と色々ありました。(全部芸能ニュースね?)

三浦春馬くんに関しては……

私が14歳のとき、クラスメイトが同じように自宅で亡くなっていて……そのときのことを思い出してしまうので、なんだかうまく言葉にできないです……。

で!

ドラマ『やまとなでしこ』なんですが、佐久間さん(主人公・欧介さんの親友)の名言がとても心に沁みるので、皆さまもぜひ!!!!

佐久間:あなたの価値観はストレートでわかりやすい。

でも、普通はね、何が自分にとって一番大切なのか気づくことのほうが難しい

それをなくす前に気づくことができればラッキーだ。

でも多くの人は、なくしてしまってから気づくものでしょう

僕は、まりこを失いそうになったとき、やっとわかった。彼女がどんなに大切か

だから、土下座までして手に入れたんですよ。

身近にあるときはわからない。失ったとき初めてその大切さに気づく

しかもそれが、その人にとって一番大切なものだったりするから始末に負えないんですよ。

引用:『やまとなでしこ』

ああ~これ!!!!

これが、博士の「恋人の心を取り戻す方法」なんですよ!!!!

この気づきを、相手に与えるってことなんですよね。

すごいなぁ。

ということで、前置きがめちゃくちゃ長くなりましたが、今回は「復縁活動中、自分から元カレを食事に誘うのはやめたほうがいい?」というテーマでお送りしたいと思います!

メッセージをくださった、suさん、きゃんぴーさん、ぱんださん、ばくさんへのお返事は、記事の最後に書いてありますので、よろしければ読んでいってくださいね~!

復縁活動中、自分から元カレを食事に誘うのはやめたほうがいい?

恋愛ユニバーシティの「恋愛に役立つゆるふわな番組」vol.145を見ていたら、復縁に関する質問に博士が回答していたので、共有します!

博士の髪がひよこみたいになってるぞー!

(まさしく、ゆるふわや……)

質問:はじめまして。元カレとの復縁について調べるうちに博士理論を知り、『ゆるふわゼミ』とともに毎回楽しく聞いています。

質問があります。博士の復縁動画と神様のサイコロについてです。

注)神様のサイコロ=神様がサイコロを振る(何かしらイベントが起きて、運命が決まってしまう)

半年の沈黙が明けて連絡後、会う約束は絶対に彼からする、自分から会おうと言わないと博士はおっしゃいますが、彼から会おうと言い出さなかったらどうする?が気になります

元々、デートの誘いはいつも私から。そんな元カレから誘いがくるのは期待薄。なのに、また半年待つしかないのでしょうか?

最近のゆるふわゼミで出てくる神様のサイコロの話を思うと、受け身でいるのが不安になります。

20代のうちにランダムウォークで婚活はしようと思いますが、復縁のためにできることはあるのでしょうか?

引用:「恋愛に役立つゆるふわな番組」vol.145

こちらの質問に関する博士の回答がこちらです!

博士:これどう思いますか?

わかな:絶対的にやっぱり待ったほうがいいんじゃないですかね。

博士:そうです。これで思うのは、元々デートの誘いはいつも私から、って書いてあるけど、それが「手に入った距離」を作っちゃったんじゃないのと思うんですよね。

彼が誘おうと思った前に、あなたが誘っちゃってんじゃんとも思うの。

わかな:不安な気持ちがこの文章から伝わってくるんですけど、不安が復縁には一番の敵というか、復縁するにあたって失敗だとされる自分が動いちゃうことの一番の敵が不安な気持ちだと思うんですよね。

博士:その通りですね。不安はあらゆる駆け引きの敵ですね。

わかな:自分からデートに誘って、と言ってましたが、自分から動いてきて、結果、別れてしまったのであれば、今度は自分から動くのをやめてみるっていうのもありだと思います

博士これまでの生き方を変えないと、自分の運命は変わらないですからね。

わかな:自分のこれまでの成功パターンが記憶にあるんだったら、それがゆえに別れてしまっているのだから、いったん動くのをやめて行動を変えてみたほうがいいんじゃないかと。

博士:もし彼が(会おうと)言い出さないんだったら、また距離を置くべきですね。

わかな:博士は復縁にはめちゃくちゃ時間がかかりますってことを、最初の本くらいからずっと書いてらっしゃいますよね。

博士:でも、人によっては沈黙を始めて2週間くらいで復縁しちゃうこともあるんです。

半年後に連絡するっていうのは実はあまりよくなくて、半年の沈黙っていうのは、その前に彼から連絡がくるだろうというのを想定してるんです。

でも(連絡が)こないっていうことは、その段階でちょっと低いんです、可能性が

で、仕方なく相手の様子を見るために何気ない連絡を送っているんですよ。

この場合は、彼から連絡がきたのかもしれないんですけど、そこから会うまでに至らないっていうことは、それだけのテンションでしかないんですよ。

それだけのテンションしかない人に、自分から会ってどうやって復縁させますか、って僕は思うんですよ。

会うことすら躊躇する人間が、復縁っていうもっとハードルの高いことをしますかと。

復縁できない彼なんて彼じゃないんですよ。

手に入らない、絵に描いた餅ですよね。

誰と会っても元カレと比べてしまって、(最低でも)元カレぐらいは、とか思っちゃったりするんですよね。

でも「手に入った距離」の男性と結婚してもそれなりに幸せだったりするんですよ。難しいんですけどね。

その辺のさじ加減がわかると、1つ大人になるような気がするんですよね。

でもまぁ、毎回言ってるけど、僕自身が復縁して結婚してるからね……。

(彼のことは)とりあえずは置いておきましょう、と。

彼から誘わせるのが、彼との復縁においても最善だと思います。

引用:「恋愛に役立つゆるふわな番組」vol.145

……というようなことを言っておりました。

この方の場合、

①そもそも付き合っているときから、デートの誘いはいつも自分からだった(すぐに「手に入った距離」になった?)

②沈黙中に様子伺いの連絡はきたけれど、その後進展なし(連絡もなし?テンションも低い?)。

という感じだったとすると、確かにこの状況で自分から食事に誘っても、その後、復縁までたどり着くのはなかなか難しいかも……。

たとえば、彼発信で連絡がきているとか、彼のほうから食事の話題を出してきたとか、彼が付き合ってた頃の話をしてくれるとか、何かしら相手からのアクションがあれば自分からトスを上げてみるのもいいと思うんですが……

でもこれ難しいですよね~!

沈黙中は、せめて連絡だけでもとれるようになりたいと思っていて、でもいざ連絡がとれるようになると今度は会いたくなって(そして会えるとすぐにでも復縁したくなって)、どんどん気持ちだけが前のめりになるのに、現実は連絡がとれたからといってそううまくは進んでいかないし……

ついつい焦って誘いたくなってしまいますよねぇ。

(そして私も振り返ると、映画誘っちゃってたわ? 「俺も誘おうと思ってた!」って言われたからセーフ……ではなく、博士理論では、だったらもうちょっと待っておけ!ですよね(;´∀`))

ただ、博士がいつも言っているように、復縁は彼が自ら「復縁したい」と思って復縁を申し込んでこないと、復縁後がうまくいかない(結局彼のテンションが上がり切らない)ことが多いので、やっぱり焦らずに半年くらいかけてやりとりしていくほうがいいのかなと。

なので、今、連絡をとれている皆!!!!

連絡がとれたからといって、前のめりにならず、彼のテンションが上がるのをゆっくり待ちながら進めていきましょうね~!

メッセージをくださった方へのお返事

ここからは、メッセージをくださった、suさん、きゃんぴーさん、ぱんださん、ばくさんへのお返事です。

彼を責め続けて別れることになってしまった、suさんへ

言行不一致の彼を信用できなくなり、それでも結婚するはずだったのですが、責めつづけた結果、パラダイムシフトしてしまったようで、縁を切ろうとなりました。

パラダイムシフトしてしまった彼は、沈黙したら戻ってくるのでしょうか?

 

 

suさーん!

メッセージありがとうございます!!

詳しい事情が書かれていなかったんですが、「言行不一致」ということは、彼が「結婚しよう」と言葉ではいうもののなかなか行動にうつさなかったので彼を責め続け、彼の中でパラダイムシフトが起きて、縁を切ろうということになった、ということでしょうか?

口だけで行動にうつしてくれないと、どうしてもイライラしちゃいますよね~。

彼を責めずにはいられないほど、きっとsuさんもつらかったんですね……(´;ω;`)

博士パラダイムシフトが起きたのだと思います。
彼の価値観や考えががらりと変わってしまいました。

これまでは、彼女と別れるという選択肢は考えないようにしていたかもしれません。
「彼女が苦しんでいるのは全て自分の責任」「彼女の人生の責任を取らないとならない」「自分はダメ人間だ、変えなくては」「彼女は僕を心から愛してくれている」
と思いこませようとしたのが、
彼女と別れれば、自分は自由になれる」「実は僕が悪いのではないのかも」「彼女にモラハラをされているのかも」
と思った瞬間がパラダイムシフトで、それが起きた瞬間、憑き物が去ったような開放感があります。

長い間の鈍い苦しみや、強い痛みの中にいるとき、解決策に出会うとパラダイムシフトが起こります。
一度パラダイムシフトが起きると、元に戻ることはありません
つぎのパラダイムシフトが起きても最初の位置とは違うところにあります

引用:彼との復縁について

上記のように、一度パラダイムシフトが起きると、元に戻ることはありません、と博士は言い切っているんですよね……。

ただ、だからといって結婚まで考えていた彼をすぐにあきらめるということもできないと思うので、もし今後についてどうすればいいのかハッキリと決められないということであれば、とりあえず沈黙して半年後(最後の彼の態度次第では、もしかしたら10ヶ月とかもう少し長めに沈黙したがほうがいいかも?)に様子伺いの連絡をしてみるといいのかな、と。

今後彼の気持ちがどう変わるかは、今の時点では彼自身にもわからないことだと思うので……

沈黙中にぜひ、博士おすすめの『人を動かす 文庫版』や『自分の小さな「箱」から脱出する方法』などを読み、なぜ自分の態度が彼をそこまで追い詰めてしまったのか、どうすればよかったのか、をあらためて考えてみてください。

もし、彼と再び連絡がとれるようになったら、以下のようにふるまうといいと思います。

博士:その時、
私は、前の私とは違う。あなたがしてくれた事のありがたさが分かった」
私はあなたを癒す存在になれる」と示すことでしょう。

このとき復縁の意図を見せると、エゴになってしまうので、「私はあなたが幸せになれば良い」という立場でいます。

彼と飲んだり、喋る機会があれば、2人がもっとも楽しかった時期を彼が思い出すように振る舞いましょう
ジョングレイの『ベスト・パートナーになるために―――男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた』やデール・カーネギーの『人を動かす 文庫版』を参考に行動してください。

引用:彼と復縁できればと思っています。

今後については、ここからsuさんがどれだけ変われるかにかかっていると思います。

まずは、自分磨きがんばりましょうね!!

半年以上ぶりに彼と楽しく過ごした、きゃんぴーさんへ

ももかさん、こんにちは!
5/24に相談の回答(誕生日にLINEしたほうがいいか?)をいただいた、きゃんぴーです。
お礼のご連絡が遅くなりすみません。細かいご丁寧な説明が分かりやすく、ありがとうございました。

ももかさんの回答を見て、「誕生日祝いの連絡は絶対しない!」と決意しました。

しかし!!

なんと、ももかさんの回答を見たその日の夜に彼から連絡がありまして...汗

内容は、また緊急事態宣言明けの職場のコロナ対応についてで、わたしは冷静に返信していました。
それから何度もやりとりが続いたあと、「(以前相談した件で)ずっと無視していたおわびにカフェでおごる」と言われました!!

その後は彼から日にちの提案などもなく、口約束になりかけましたが、彼のテンションが高いと判断し、思い切ってご飯に誘いました
彼の誕生日祝いも兼ねて、と言ったのですが、なんと向こうも「私の誕生日も一緒にお祝いしよう」と言ってくれたのです。

そして先日、ふたりで会いました。
お店も向こうが予約してくれて、「前よりかわいくなったね」「癒される」とか言われて、誕生日プレゼントとして小さな花束までもらいました

復縁の話は出ませんでしたが、本当に楽しい時間を過ごせました。
最後の別れ際もずっと「かわいいね」と頭ぽんぽんしながら言ってくれまして・・・(もう好きって言ってほしい!という欲もでましたが笑)

また飲み行こうねとも言ってもらえたので、すごく前進しました!
ただ冗談まじり?で「半年(実際は半年以上)ぶりに会うくらいがちょうどいい」って言われたのが少し引っかかりますが、、笑

また進展があったらご報告させていただきます!

 

 

んま!!

お店を予約してくれて、花束まで買ってきてくれたんですか!!!!

そして「前より可愛くなったね」「癒される」、さらに頭ぽんぽんしながらの「かわいいね」!!

素敵!!!!

(これは確かに、もう好きって言っちゃって!って感じですね)

ただ、前回のきゃんぴーさんからのメッセージに、「前みたいに戻るのは無理だから期待させたくなくて」と彼に言われた、と書いてありましたよね。

そして今回も、彼の口から「半年ぶりに会うくらいがちょうどいい」という発言があった、と。

これって、彼はきゃんぴーさんの価値を感じてはいるものの、それでも付き合いたくないと思っている、ということですよね。

現時点では、彼の中できゃんぴーさんと付き合うメリットよりも、デメリット・リスクのほうが上回っているということだと思うんですが、別れの原因は何だったんでしょう?

そこを改善すること、あとは彼は今も「きゃんぴーは俺のことが好きだ」と確信しているような気がするので、「手に入りそうで入らない距離」をつくることが必要なのかな、と。

博士:恋愛も結婚も、人は自分にデメリットやリスクがあると感じることを避け、メリットがあるものを選びます

1)性的
2)パートナー
3)結婚相手
4)自由を邪魔しない
という4つの魅力に関して、彼がこれから会うだろう女性より魅力的でないとなりません

上記4つの魅力をとにかく高めることが重要でしょう。

引用:別居中の復縁

今回、きゃんぴーさんから食事に誘って少し自分から近づいているので、またしばらくは沈黙して、焦らず彼のほうから近づいてくるのを待ってみてもいいと思います。

その間に、ぜひ別れの原因をしっかり分析して、改善に努めてみてください!

また進展あったら、報告してくださいね~!

「気持ちに応えることができない」と彼に言われてしまった、ぱんださんへ

4年間お付き合いしていた彼に振られました。
別れの原因はわたしが依存してしまったこと、彼を試すような言動をしてしまったことだと思っています。
彼から伝えられた理由は、「気持ちに応えることができない」でした。

冷却期間2ヶ月置いたところで元彼の誕生日だったので、短文でLINEをしましたが既読無視です。
ブロックされていないのが救いです。
現在冷却期間3ヶ月目に入るところですが、これはこのまま自分磨きや別れの原因の改善をしながら、彼から連絡が来るのを待っていた方が良いのでしょうか?

 

 

ぱんださーん!

メッセージありがとうございます!!

依存してしまったこと、彼(の愛情?)を試すような言動をしてしまったこと、確かにどちらも男性にとっては重荷になるかもしれませんね……。

博士相手の愛情を確認しようとする行為は愚かです。

確認しなくても愛情が分かります。

また確認してもその言葉を鵜呑みに出来ないので意味がありません

確認する事で相手の心を冷めさせます

引用:博士、助けてください

でも、別れの理由をしっかり分析できているのは、すばらしいと思います!

これまでの交際を振り返って、自分のダメだったところを確認していくってつらい作業ですもんね……(´;ω;`)

博士がいつも言っているんですが、相手は商品やサービスではないので、何もせずに愛されるっていうことはないんですよね。

愛されたければ「価値を与える」ことがものすごく大切で、でも「自分が愛されているか」ばかり気にしていると、どうしても与えることがおろそかになってしまうのかな、と。

博士:〇〇さんの考える愛とはなんですか?
彼がいつも〇〇さんをケアし、優しくし、「愛してる」と言い続けてくれることでしょうか?
それは〇〇さんが彼にどう関わるかとも関係していますね。

お金を払うサービスではないので、一方的に自分が受けられるものはありません

引用:3年ぶりに再会した彼とやり直したいです

ただ、ぱんださんの場合は4年間という長いお付き合いだったので、最初の頃はきっと彼もぱんださんの価値を感じていたと思うし、ぱんださん自身も彼に「居心地の良さ」を与えられていたと思うんですよね。

それが、時間がたつうちに少しずつ関係性が変わってきてしまった(彼の「手に入った距離」になり、彼のぱんださんに対する興味が薄れ、彼の態度に不安になったぱんださんが彼を追いかける形になってしまった?)のかな、と。

彼のテンションが下がってくると、どうしても不安になって依存したり彼の愛情を試したりしてしまうかと思うんですが、博士理論の「会っているときは楽しく、それ以外はそっけなく」を実践することで改善できるので、この機会にぜひ!博士の『振り向いてくれない彼に1ミリも迫らないで恋に落とす本』を読んでみてくださーい!

それから、今後の方針については、「このまま沈黙を続ける」が最善だと思います!

博士相手から連絡がくるということは、相手のテンションが高いときですからね。

半年(あるいは1年)の沈黙というのは、一つは半年間相手から連絡がくるのを待っているのです。
テンションが高くなった彼が連絡をしてくれば、復縁の可能性は高まります
彼の高いテンションを復縁に利用できるからです。

半年(あるいは1年)たっても連絡がないなら、こちらが相手のテンションを計ります
それで彼のテンションが低いなら、更に沈黙してタイミングを待つわけです。

半年後の連絡はそれ以外にも意味があり、彼に「2度と会うことはない」「ちゃんと復縁したいと思うまで連絡しないで!」などの捨て台詞を吐いたときは、彼から連絡ができなくなる事があるのですが、それを防ぎます
女性から連絡をすることで、「あ、連絡をしてもいいんだな」と男性が思うわけです。
また、何らかの理由で彼からの連絡がその女性に届かなかったときのリスクヘッジにもなります。

沈黙のあと連絡をし、彼から返事がなかったり、彼のテンションが低いときは再び沈黙をします
それは復縁できるタイミングではないからです。

そうすると、副産物として、更に長い時間の後、彼が〇〇さんを思い出すことがあります
一度連絡をとることで、彼の記憶の端に入り込むことがよくあるのです。

半年後に連絡するかどうかは、本人の我慢の問題もあります。
大好きな相手と復縁したくてしようがない女性に、「半年」という期限を設けることは重要です。
期限がなければ沈黙はより辛くなり、続かないでしょう。

我慢できず、その間に女性が男性に繋がりすぎれば、彼はその女性を忘れてしまいます

沈黙と一定期間での連絡は、彼の心の変化を静かに待ち、最高のタイミングをつかむためにしているとも言えるでしょう。

引用:彼と復縁したいです。

博士、めちゃいいこと言ってる!!!!

彼の心の変化を静かに待ち、最高のタイミングをつかむためにしている

これです!!!!

なので、つらいとは思うんですが、既読スルーというのが今の彼の答えだと思って、残り3ヶ月沈黙を続けて(メッセージいただいたのが7月頭なので、残り2ヶ月くらいかな?)、彼の中にある「ぱんだは重い」という印象が消えるのを待つのが一番だと思います。

引き続き自分磨きしながら、最高のタイミングを待ちましょうね!!

彼との復縁をあきらめ、次の出会いに向けてがんばることを決めた、ばくさんへ

ももかさん、こんにちは。
職場の歳上男性と別れてしまい、復縁を希望して、以前相談したです。
連絡と、プライベートは沈黙してからまだ2ヶ月ですが、彼のことは諦めることにしました
復縁の方法を丁寧に教えていただいたのに、このようなご報告で申し訳ないです。

理由としては、彼の家に置いたままにしてしまっていた、彼からのプレゼントを先日引き取ることになり、車で持ってきてくれたのですが、(ここに来て沈黙ができませんでした涙)彼の顔はとてもスッキリしていて、会った時間は1分もなかったですが、ああ、これはもう無いな。と察しました

冷却期間中、社内では、当たり前ですが彼から話しかけてくる事も無く、私も話しかけることはせず、本当に必要な場合で、仕事の話をこちらからしてもどこか冷たい感じでした(付き合う前の時と比べても素っ気ない感じです)。
避けられている様な部分もあった思います。
ただ席が近い事もあり、視線を感じる事も多かったので、それで何度か目があった事があり、(気のせいかもしれませんが笑)プラスに捉えて復縁に向けて頑張っていました。

ただ荷物を引き取る際に会った時の彼の顔を見て、この荷物が彼の近くにあった事が彼の中のわだかまりになっていたんだと思ったんです。
特に世間話をする事も無く二言三言で会話は終わったのですが、彼の口調は社内の時よりも、とても穏やかで未練がある感じではなく、これで気持ちがスッキリできる!と思っている様に感じました

もちろん、私も明るく対応しました。
ただそれで、もう終わってしまったな。と思ってしまいました。
私はまだ立ち直れていませんが時間が解決すると信じて、次の出会いに向けて引き続き自分磨きを頑張っていこうと思います。

別れてからの2ヶ月はとても辛いもので、復縁の為に自分を磨いて頑張ろう、連絡を我慢しようと、ももかさんのブログを読み漁り、1日の終わりにカレンダーに、ばつ印をして、復縁までのカウントダウンの様に自分を元気付けてきました。
そうして頑張れたのも、ももかさんの言葉やももかさんの実際に成功した復縁までのプロセスの記事が励みになっていたからです。

だからこそ、いい報告ではなかったですが、感謝の連絡をしたくて長くなってしまいましたが、連絡をした次第です。
本当にありがとうございました。

 

 

ばくさーん!

報告メッセージありがとうございます。

申し訳ない、なんて謝らないでください(´;ω;`)

別れて2ヶ月だとなかなか気持ちを切り替えるのも難しいと思うんですが、荷物を引き取ったことがきっかけで、次に進む決心がついたんですね。

博士がよく言っていますが、起きた出来事から「何を得るか」が重要になるので、彼との別れ、そして復縁活動を通して得たことは、今後のばくさんの力になると思います。

相談者:博士のブログに出会わなければ、この期間イタズラに苦しんでいただけだと思います。
でも私にできる最善の策「沈黙」をやり遂げた達成感があり、「気が済んだ」そんな気持ちなのです。

博士:とても良いと思います。

それを乗り越えた時点で、1つの財産を手に入れたのだと思います。
いくつかの本で読んだ事が有るのですが、イベント(出来事)そのものには意味がない
そこでどう反応をするか、何を得るかに意味があると。

だとすれば、彼にふられた事はどうでもよく、そこで〇〇さんが学んだものこそ価値でしょう
彼のおかげで勉強ができたということになります。

引用:ピアフさんへ

過去を変えることはできませんが、「今」の選択が未来をつくっていきます。

ばくさんが「新しい出会いを探す」と決めたのであれば、きっと、これでよかったと思える日がくるはずです。

今後、彼への感情の揺れが大きくなる瞬間もあるかもしれませんが、時間がたつにつれ、少しずつおさまっていくと思うので……

ばくさんの心をときめかせるような新しい出会いがあったときには、また報告してくださいね!

応援しています!!

 

ということで、お返事でした☆

復縁とは全然関係ないんですが、私、マット・デイモン主演の映画『グッド・ウィル・ハンティング』がとてもとても好きなんです。

当時のマット・デイモンがめちゃ素敵♡(とエミに言うと、「ももかのイケメンの定義はおかしい」と言われます)

ぐっどうぃる博士の「ぐっどうぃる」って『グッド・ウィル・ハンティング』と関係あったりするのかな……とずっと気になっていたんですが、やっぱりあの映画からとったそうです!!

博士goodwillは善意という意味がありますが、僕の名前の由来とは関係ありません

この名前は10年以上前に『グッド・ウィル・ハンティング』という映画を見て主人公に共感をしハンドルネームとしてつけました。
10年以上前、そのハンドルネームでチャットをしたり掲示板にくだらないことを書いたりしていました。
例えば今も残ってる「goodwillの独り言」というサイトがそうですね。

goodwillという名前はその名残です。
ちなみに僕は人から善人だと思われたくありません。窮屈だからです。
僕は自分が善人ではないと断言出来ます。普通の男です。
他人に貢献しようとも思いません。
善意も悪意もなくただ好きでやっているだけです。

引用:それでも彼が大切で好きなんです。

私も自分が善人ではないと断言できるわ?

(だって、理不尽なこと言う上司の背中に向かって、心の中でめっちゃ舌打ちしてるし?なんなら別部署への異動を願ってるし?)

でも、ブログ読んでくれてる皆が幸せになれたらいいなぁっていうのはいつも思ってるから!!!!

ということで、復縁活動も新しい出会い探しもがんばっていきましょうね!!

愛をこめて♡

ももか

ももか

都内メーカー勤務のアラサーOL。復縁アドバイザー。 2017年6月に彼にフラれ、10月に復縁。その1年後に結婚が決まりました。 恋愛カウンセラーぐっどうぃる博士の恋愛理論、心理学者ジョン・グレイ博士の男性心理を学び、自身の経験をもとに元カレと復縁する方法についてブログで発信中。 復縁・恋愛相談も行っています。

-復縁の方法を学ぶ

© 2020 崖っぷちOLももかの復縁日記