執着・依存を減らす

元カレへの執着が強すぎて、婚活がうまくいかないときの対処法

投稿日:

久々に連日ブログを書いています。ももかです。

(やればできる!!)

今回は、あこさんへのお返事を兼ねて「元カレへの執着が強すぎて、婚活がうまくいかないときの対処法」というテーマでお送りしたいと思います。

メッセージをくださった、みおさん、さなさんへのお返事は、記事の最後に書いてありますので、よろしければ読んでいってくださいね~!

(少しずつお返事書いていきますので、ほかの方々はもう少々お待ちくださいませ)

 

ちさとさーん!

11月はちさとさんのお誕生日だったんですね。

おめでとうございます♡♡

(私は去年の誕生日、死ぬほど暗い気持ちだったので、「それほど寂しくありませんでした」と言えるちさとさんは前向きでとてもいいと思います!)

読書をしたり、新しい習い事を始めたりと、色々がんばっててステキです!!

また何か進展があれば、いつでもメッセージくださいね!

元カレへの執着が強すぎて、婚活がうまくいかないときの対処法

ぐっどうぃる博士は、復縁相談のときに「沈黙している間に、別の男性を探しましょう」とか「並行して婚活しましょう」とアドバイスすることが多いのですが、復縁活動中に別の男性に目を向けるってなかなか難しいんですよね……。

気合いを入れて合コンや婚活パーティーに行っても、いいと思える人がいなくてがっかりしたり(←私)、2人でデートに出かけることになっても、ついつい元カレと比べてしまったり……。(←これも私)

あこさんのメッセージにも「彼への恋愛回路を弱める目的のはずが、他の人とデートなどをすると余計に彼を思い出してしまい、恋愛回路が強まっているような気さえします」とありましたが、これほんと復縁あるあるですよね……(´;ω;`)

人によっては、新しい出会いを探すことで、恋愛回路が強まってしまうことがある

博士も言っているのですが、女性には同時並行できる人とできない人がいて(多くが同時並行できないそうです)、同時並行できない人だと新しい出会いを探せば探すほど、余計に恋愛回路が強まってしまうそうです。

相談者:沈黙の間に婚活もして他の人も探しますが、

博士:〇〇さんにはそれも無理だと予想します
恋愛回路が邪魔をして、婚活をすればするほど、彼を思い出してしまうでしょう

相談者彼に対してできることは全てやりたいです。

博士:それをすることでより恋愛回路が強まります

引用:結婚願望が全くないという彼と結婚したい

同時並行で探せない場合は、彼をあきらめるしかない

博士は、同時並行で探せない場合、彼を切ったほうがいい、とハッキリ言っています。

相談者:いずれにしても新しい出会いも探しながら行いたいと思います。

博士:〇〇さんはそれが出来る人ですか?
彼が気になって、新しい出会いを探せないということはないですか?
新しい相手に出会っても、彼を思い出して選べないという事はないでしょうか?

相談者:他の出会いも求めましたが、彼が一番と恋愛回路が強くなるばかりです。

博士:〇〇さんは同時並行で探せない女性ですね。
であるなら余計彼を切った方が良いです。

引用:結婚したいです。

ただ、これは女性の年齢にもよると思います。

20代前半の女性が1~2年復縁活動にかけるのと、30代半ばの女性が1~2年かけるのとでは重みが全然違いますよね……。

適齢期の女性で、復縁活動と婚活の同時並行ができず、なおかつ結婚を優先させたい場合は、元カレをあきらめたほうがいいのかもしれません。

とはいえ、あきらめると決めたところで、簡単にはあきらめられないのが、恋愛の難しいところで……。

同時並行したいなら、元カレは死んだと考え、必死で婚活をする

それでもどうしても同時並行したいなら、「元カレは死んだと考え、必死で婚活する」よう博士はアドバイスしています。

博士
1)誰か結婚候補になりうる男性が現れても、相談の彼が気になって結婚を決意できない
2)少しでも婚活がうまくいかなければ、すぐに相談の彼が浮かび、そちらに力を入れてしまう
3)婚活に費やす時間が減る。これは婚活のための最善の方法を考える時間も含みます。

このままでは受かりそうもない大学の受験勉強をしながら、小説かなにかで賞を取る努力をしているようなものです。
もしどうしても同時並行で進めたいなら、彼は死んだと考え、これから一年間必死で、婚活をする
そして一年後ふと彼に連絡をしてみる。くらいで良いでしょう。
彼に費やす労力を0.5%以下にすべきです。

引用:復縁、そして結婚したいです。

彼に費やす労力、0.5%以下ですって……!

つまり、ほぼほぼ彼のことは忘れて、婚活に打ち込む、ってことですよね。

(それができれば苦労しない……)

この気持ちの切り替えが難しいんですよねぇ。

意図的に元カレにつながらない努力をすれば、少しずつ忘れていく

もし、元カレをあきらめると決めたのであれば、「彼を思い出すきっかけをすべて捨てる」必要があります。

Q)時間が経っても元彼が忘れられないのはなぜ?忘れる方法はありますか?

A)彼を思い出すきっかけを全て捨て、他の男性と会うようにすれば、時間とともに忘れていくと思います

引用:忘れられない元彼…復縁する?忘れる?それぞれの方法

博士思い出すきっかけを全て無くし、意図的に相手に繋がらない努力をすれば、時々無性に連絡を取りたくなったり、何が何でも繋がりたくなったりするピークの時期を越え、徐々に、徐々に忘れていきます

引用:元彼と復縁したい(今はセフレです)

うん……言ってることはわかる、わかるよ……。

(言われてみれば、歴代彼氏のことも色々出会いを探していくうちに、少しずつ忘れていったような……)

どんなに恋愛回路が強かったとしても、彼を思い出すきっかけを排除して、地道に別の出会いを探していけば、いつかは彼のことを忘れることができるのかもしれませんね。

あ~でも、難しいよね、やっぱり彼がいい!って思っちゃうよね(´;ω;`)

ってことで、結論としては、「彼じゃなくてもいいから結婚したい」(結婚を優先させる)のか、「彼と復縁できるなら婚期が遅れてもいい」(彼との復縁を優先させる)のか、で彼をあきらめる・あきらめないを決めるといいのかな、と思います。

あとは、私が考えていたように、年齢から復縁活動の期限を設定して、〇月までがんばってもダメだったら婚活一本にする、とデッドラインを決めておくというのもいいのかもしれません。

 

あこさんの場合は、まだ26歳ですよね?

ご家族などからは色々言われることもあるようですが、26歳なんて私からしてみればまだまだ若いですよ~!

11月に共通の趣味のことで彼に連絡するか、12月のクリスマスに連絡するかで悩んでいたようですが、私だったらクリスマスに何気ない連絡をします

7月に彼に会って以来、5ヶ月たっているので、ちょうどいいといえば、ちょうどいいような。

厳密に「絶対に1月まで沈黙しなきゃいけない!」と決めなくてもいいと思いますよ。

そこで、彼のテンションをはかり、もし、彼のテンションが低いようであれば、さらに半年間沈黙し、その間に必死に婚活をする、というのはどうでしょう?

 

それから、あこさんのメッセージに、「彼発信の連絡は一度もなかったけど復縁できた、という報告はないのでしょうか?」というご質問がありましたが……

うーん……これは……今のところはないかもしれないですね……。

沈黙中に彼が「彼女の価値」を思い出し、彼から連絡がくる⇒駆け引きがうまくいって彼のテンションがどんどん上がり、復縁

というパターンが多いです。

そもそも、彼発信の連絡が一度もない=沈黙をしても、彼のテンションが上がらない、ということなので……。

ただ、沈黙明けの連絡(自分からの連絡)をきっかけに、彼の気持ちが動くこともあると思います。

以前、「【復縁体験談】遠距離恋愛からの復縁。自分から動くことで復縁できました!」でご紹介したマナさんはこのパターンです。

ただ、マナさんの場合は別れを切り出したのがマナさんからだったので、彼のほうにマナさんに対する強い未練があったようなんですよね……。

なので、やっぱり復縁には、彼からの連絡が必要だと思います。

相談者:ほかの方の成功談を読ませていただきましたが沈黙明けに自ら連絡をして復縁をされたケースが少なく、沈黙中に相手から「会いたい」などの連絡があり復縁に至るケースが多いと感じたからです。

博士:それは当然、そうでしょう。

相手から連絡がくるということは、相手のテンションが高いときですからね。

半年(あるいは1年)の沈黙というのは、一つは半年間相手から連絡がくるのを待っているのです。
テンションが高くなった彼が連絡をしてくれば、復縁の可能性は高まります
彼の高いテンションを復縁に利用できるからです。

半年(あるいは1年)たっても連絡がないなら、こちらが相手のテンションを計ります
それで彼のテンションが低いなら、更に沈黙してタイミングを待つわけです

半年後の連絡はそれ以外にも意味があり、彼に「2度と会うことはない」「ちゃんと復縁したいと思うまで連絡しないで!」などの捨て台詞を吐いたときは、彼から連絡ができなくなる事があるのですが、それを防ぎます
女性から連絡をすることで、「あ、連絡をしてもいいんだな」と男性が思うわけです。
また、何らかの理由で彼からの連絡がその女性に届かなかったときのリスクヘッジにもなります。

沈黙のあと連絡をし、彼から返事がなかったり、彼のテンションが低いときは再び沈黙をします。
それは復縁できるタイミングではないからです。

そうすると、副産物として、更に長い時間の後、彼が〇〇さんを思い出すことがあります
一度連絡をとることで、彼の記憶の端に入り込むことがよくあるのです。

半年後に連絡するかどうかは、本人の我慢の問題もあります。
大好きな相手と復縁したくてしようがない女性に、「半年」という期限を設けることは重要です。
期限がなければ沈黙はより辛くなり、続かないでしょう。

我慢できず、その間に女性が男性に繋がりすぎれば、彼はその女性を忘れてしまいます

沈黙と一定期間での連絡は、彼の心の変化を静かに待ち、最高のタイミングをつかむためにしているとも言えるでしょう。

引用:彼と復縁したいです。

「彼の心の変化を待ち、最高のタイミングをつかむためにしている」

ああああ。ポジティブシンキング!!!!

ということで、あこさんも今はつらいと思うのですが、クリスマスに彼に連絡することを目標に、もうしばらくがんばってみてはいかがでしょうか?

人間、いつも前向きでいられるわけじゃないですし、復縁活動中は特に彼のことを思い出したり、自分の過去の行動を後悔したりして、ネガティブになってしまうこともあると思います。

それでも、「自分の未来は、自分がつくる」と信じて行動していくことが、よい結果をもたらすと思うんです。

色々悩んでしまうこともあるかもしれませんが、がんばっていきましょうね!!

(復縁活動自体、つらくてやめたくなったら、そのときにはもうきっぱり彼をあきらめて、次にいきましょう!!)

メッセージをくださった方へのお返事

ここからは、メッセージをくださった、みおさん、さなさんへのお返事です。

復縁と同時に彼にプロポーズしてもらいたい、みおさんへ

みおさーん!

メッセージありがとうございます!!(同い年ですね♡)

みおさんの今の状況は……

①彼が転勤になり、遠距離になったタイミングでみおさんから結婚の話をしたが、「まだ結婚できない」と言われて別れることに別れて3ヶ月後に彼から連絡があり(色々あって落ち込んでいる、という内容)数回やり取りをした後で、みおさんから会話を切り上げる

②その後も彼から何度か連絡があり(みおさんは、電話を無視するなど時々スルーもしている、新しい彼ができたかどうか確認されたときに、考えている人がいることを告げると「ちょっと妬ける」と言われた。(別れて5ヶ月目)

③結婚の7つのスイッチについては、2)その女性の市場価値が高い、3)彼の市場価値が低い、4)経済的に安定している、はオンになっているように思う。復縁と同時にプロポーズしてもらいたいと思っているが、今後、どのように進めていけばいいのか悩んでいる。

 

おお。自分から会話を切り上げたり、彼からの連絡を時々スルーしたりと、ぐっどうぃる博士の理論通りに動けているんですね!

みおさん、すばらしい~!

今後の動きについてですが、なぜ彼が結婚できないと言ったのか、そこのところの分析がもう少し必要になると思います。

みおさんの話を聞いている限りでは彼も結婚願望がありそうですし、結婚の7つのスイッチのうち2、3、4はオンになっているはずとのことなので(彼の親友が結婚しているそうなので、6もオンかな……?)、とすると、下記の1と7がどうなっていたかが重要かと……。

僕は、男性に結婚を決意させるものとして、「7つのスイッチ」があると考えている。

①彼があなたに”居心地のよさ”を感じていること
②「あなたの市場価値は高い」と彼が信じていること
③「自分の市場価値は高くない」と彼が考えていること
彼の仕事が安定していること
⑤「今の自分」と「あるべき自分」が一致していると彼が感じていること
⑥まわりの常識が「結婚するべき」と彼を促していること
彼が本気であなたに恋をしていること

をなるべくオンにすることが、結婚ではとても重要だ。

すべてがオンになっている必要はないが、一つが強烈にオフになっていると、結婚できないこともある

引用:『結婚を考えはじめた女へ』

9ヶ月の交際期間の中で、

彼の気持ちが盛り上がっている超ラブラブの期間があったのか(楽しい思い出が多ければ多いほど、みおさんに執着ができます)

「結婚相手」としての価値を、彼がみおさんに感じていたのか(「みおと一緒にいると居心地がいい」「自分の結婚相手として、みおはふさわしい」と彼が感じていたとすれば、復縁には有利です)

で、復縁の可能性が変わってきます。

みおさんのメッセージには、このあたりのことが書かれていなかったのですが、みおさんから見てどうですか?

それと、体の相性について「受け身すぎる」と彼に言われたようですが、あまりうまくいってなかった感じですかね……?

(体の相性がよかったのであれば、それも彼に執着をつくります)

復縁と同時にプロポーズを望んでいる、とのことですが、うーん、これはなかなかハードルが高い……。

元々、彼は「結婚のリスク」を感じたから(みおさんと結婚する気がないから)別れを切り出したのに、ここから大逆転して結婚までもっていきたいということですよね?

彼から連絡がきているのは、みおさんが沈黙していることで「手に入りそうで入らない距離」ができたからだと思います。

博士:遠くに離れたので、「手に入りそうで入らない距離」になり、連絡をしただけだと思います。
「付き合っても良いが結婚は絶対嫌。なので自分からは連絡をしないほうが無難」という距離感に変わりはないと思います。

〇〇さんから近づけば、「結婚は絶対嫌」のバランスが大きくなると思います。
従って彼が思うより少し遠くに居続けるのが良いと思います。
5回に3回断るのが良いでしょう。

上でも言いましたが、「〇〇は放っておけば僕から去っていく」と彼が思っている必要があります。

引用:距離の取り方の難しかった彼との復縁

それと、マッチングアプリでの活動がうまくいかなかった(思っていたよりも彼自身の市場価値が低かった……?)可能性もありますよね。

今後の進め方について悩んでいるそうですが、「復縁」を優先するか、「結婚」を優先するかで、方針が変わります

【1.結婚はひとまず置いておいて、とにかく彼との「復縁」を優先したい場合】

⇒今まで通り自分からは連絡せず、彼からの連絡も時々はスルーしながら、LINEや電話のときには彼に「居心地のよさ」を十分与えて、彼のテンションが上がるのを待つ。「結婚のリスク」は決して感じさせないようにする。

(博士の著書によく載っている「結婚のプレッシャーをかけた」場合の復縁方法は、このパターンです)

博士:役を演じる事です。
私は結婚に興味がない
会っていると楽しいけど、会っていない時あなたの事を忘れている
を演じます。

つねにそのような女性が何をするか考えれば、自ずと答えが導けます。
そのまま「結婚は興味がない」と言えば、りえこさんのおっしゃる通り、気があることがバレてしまいそうですよね。
自分から話題を出すのではなく、彼や他の人がその話題を出した時に、自然にのれば良いでしょう。

引用:復縁、そして結婚したいです。

このパターンの場合、「結婚は興味がない」フリをする必要があります。

これだと、みおさんの希望とはズレてしまいますかね……。

【2.復縁すると同時に、彼に結婚を決意してもらいたい場合】

「私は結婚がしたいので、婚活を始めます」(=ガイドライン)と伝えて一切連絡を無視する。彼が「このままだと、みおが誰かと結婚してしまうかも」と感じるようにふるまう。

博士:彼と結婚の可能性を残したいなら、「あなたがまだ結婚を考えられないことは分かりました。これまで責めてしまってごめんなさい。私は子供を産む結婚をしたいので、あなたと別れて婚活を始めます。これまで本当にありがとう。とても楽しかったです」でしょうね。

彼が「結婚したいなら、誰でも良いのかよ」と言ってくるかもしれませんが、そのような場合、一度だけ「私はあなたと結婚がしたかった。でもあなたにその意思がないと分かった。女性には出産のタイムリミットがある。ごめんなさい」というようなことを言い、あとは放っておきましょう。

引用:感情的な性格を治して、彼にプロポーズされたい

ただ、上記の方法は、交際中に彼がみおさんの価値を十分感じていた場合に通用する手だと思うので、彼のテンションがそれほど高くない今、②の方法をとるのは、リスクが高いかもしれません。

どちらにしても、年齢的に復縁活動の期限を決めておき、今期を逃さないようにすることも重要だと思います。

あとは、みおさんの人生設計(〇歳までに結婚して、〇歳までには子どもを産みたいとか)次第でしょうか。

(ああ、お節介おばさんでごめんなさい……)

そういうわけで、私としては、まずは復縁を優先させた方がいいように思うのですが……。

無事に復縁できたら、半年程度「居心地のよさ」を与えて、その後に「恋人の心を取り戻す方法」を実行する(彼にガイドラインを与えて、姿を消す)、というのもありだと思います。

彼から連絡がくるようになると、もしかしたら復縁できるのではないかと期待して焦ってしまいがちですが、焦らず、上手にやり取りをしながら彼のテンションを高めていきましょうね!!

5年付き合った彼に「価値観が変わった」と言われてフラれてしまった、さなさんへ

さなさーん!

メッセージありがとうございます!!

(詳しく教えていただいたほうがアドバイスもしやすいので、2通目のメッセージいただけてよかったです!)

体調へのお気遣いもありがとうございます♡

さなさんの今の状況は……

①5年付き合った遠距離恋愛の彼が先に社会人になり、「価値観が変わった」と別れを告げられる。彼は、付き合い当初から15kg太ってしまったさなさんの体型を気にしてやせたほうがいいとアドバイスをしてきていたが、さなさんは実行できなかった。また、付き合いが続く中でさなさんは彼がすべてになり、彼の重荷になってしまった。最後に会ったとき、さなさんが隠れて泣いているのを見て彼が号泣し、「今日はとても楽しかった。思い出の場所にもまた一緒に行きたい。縁があれば……」と言っていた。

②別れてから一週間に一度、彼から連絡がくるが、つながりすぎないよう返信を遅らせたり、自分から会話を切り上げたりしている。年末に彼と会う約束をしているが、順調にダイエットが進んでおり、年末には元の体重に戻せるはず。今後とるべき行動について意見がほしい。

 

ほほ~……。

これって、さなさんが15kg痩せて元の体型に戻り、彼に依存しないように気を付ければ、すぐに復縁できるんじゃ……?

(彼が、さなさんに変わってほしくて別れを「交渉手段」に使った可能性がありますよね??)

博士恋愛というのは常に交渉です。
ほとんど全ての場合男性は女性を、女性は男性を自分の都合の良い様に変えたいのです。

引用:別れた彼とまだだらだらと会っています・・・

さなさんが彼の「手に入った距離」になり、なおかつ太って「性的な魅力」を失ったことで、彼の気持ちが冷めてしまったので、この「太ってしまった」という原因を取り除けば、彼の気持ちも大きく変わると思いますよ!!!!

(ぐっどうぃる博士も「太ってしまった場合、痩せることで状況が大きく変わります」とよく言っているので)

ダイエットも順調とのことなので(こんなに短期間で体重を戻せたなんて、すばらしいです!!)、年末、痩せてキレイになった、さなさんの姿をカレに見せつけましょう!!!!

服装、髪型についても、気合いを入れると、なおいいと思います!

っていうか!

さなさぁぁぁぁぁん。

今ダイエットできるなら、なぜ付き合っているときにやらなかった!って正直思うわ?(←毒舌。ごめんなさい!)

でもでも、ダイエットって、何かきっかけがないとなかなか始められなかったりしますよね……。

何にせよ、ダイエットが成功したことで、さなさんも自信を回復したと思うので、ここからは、博士おすすめの『ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)』や『人を動かす 文庫版』をしっかり読んで男性が感じる「居心地のよさ」について学び、彼とやり取りするときに実践していきましょう!

それと、大学に恋人候補にできそうな男友達はいますか?

博士がよく言っているんですが、彼への依存を減らすためにも、20代のうちに、恋人候補となりうる誠実な男友達をつくっておくのもいいかもしれません。

(ただ、今すぐには難しいですよね(;´∀`))

ということで、今後の方針については博士の下記のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか~。

博士:〇〇さんは彼に依存しすぎています。
彼以外の楽しみを見つけましょう。何か習い事を始めるのでもかまいません。
一日のうち彼のことを考える時間が10%程度に抑えられるようにしてください。

ジョングレイの本をいくつか読み、男性という生き物がどういう生き物か知ってください
このサイトの文章を読み、僕の本も読み返しましょう。

サークルやスクールに入り、他の結婚相手候補を作っておきましょう
そこに好きな男性を作っても良いですが、結婚に向いていない相手、付き合えそうもない相手を好きにならないように注意しましょう。好ましい男性が複数いるのが良いです。彼と共通の知人にならないように注意が必要です。それらの男性に恋人がいるか聞かれたら、「一応いる」と答えておきましょう。

引用:感情的な性格を治して、彼にプロポーズされたい

年末は、さなさんが変わった姿を見せるチャンスです。

あなたと別れて、私は変わった。今は毎日が充実していて、楽しい」という役割を演じられるといいですね。

年末までは気を引き締めて、自分磨きがんばっていきましょうね!!

 

ということで、お返事でした☆

週末から寒くなるようなので、皆、気合いを入れて厚着しよう!!(←ババア発言)

復縁活動、がんばっていきましょうね!!

愛をこめて♡

ももか

  • About me

ももか

都内メーカー勤務のアラサーOL。 2017年6月に彼にフラれ、ぐっどうぃる博士の復縁テクニックをもとに、4ヶ月後に復縁。 2018年6月に結婚が決まりました。 自身の経験をもとに、元カレと復縁する方法についてブログで発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

-執着・依存を減らす

Copyright© 崖っぷちOLももかの復縁日記 , 2018 All Rights Reserved.